京都の乙女文化発信クリエイター、koha*のブログです。
蕎麦割烹・龍さまのレセプション☆

 

立春もとうに過ぎてなお小雪ちらつく土曜となった昨日。

 

富小路通三条下ルに在る、ホテル・シャラガム一階に

2月19日にオープンする

『蕎麦割烹・龍』さまのレセプションに寄せていただきました♪

 

本店というか旗艦店にあたる『京甲屋(きょうかぶとや)』さまと同じく

弊社にてショップカードやお名刺など

印刷物を作成させていただいています☆

 

"蕎麦割烹"と名乗られるこのお店は

蕎麦前も食べられる手打ち蕎麦屋さんというだけでなく

本格的な割烹料理がいただけて

尚且つ、本格的な手打ち蕎麦も食べたいという

欲張りな気持ちを満たしてくれるお店です。

 

本日のメニューをツラツラっと並べますね。

(レセプションメニューにつき、通常の料理という事ではありません)

 

まずはトップ画像の名物「十味(とみ)箱」。

富小路(とみのこうじ)の通り名にちなんだ、十種類のお料理を

檜の箱に敷き詰めた名物前菜箱。

 

胡麻豆腐、花山葵お浸し、茄子翡翠煮、手毬寿司、芹と近江蒟蒻の白和え

地鳥西京焼き、帆立貝のしんじょのフライ、淀大根含め煮ゆず餡

湯葉と海老葛煮、鰆の塩焼と菜の花土佐酢ジュレ。

実に盛り沢山。多彩な味に、温かさや冷たさのメリハリも嬉しい☆

 

蕎麦焼酎の蕎麦湯割りなんてオツな飲み物もありますよ。

 

まぐろのお造り、山芋、防風

よく「○○づくし」のお料理があるけど

何づくしでも、ちょこっとお造りが食べたい時、ありませんか?

私は食べたい派なので、この一品はとっても幸せ♪

 

鯛飯蒸し茶巾、小芋、菊菜、梅麩

鯛飯を生かす葛あんのとろみ加減に心もほっこり(^^)

 

温かいのと冷たいのから好きなお蕎麦を選びます。

社長兼旦那(笑)は温かい鴨葱蕎麦。

 

私は、冷たいお蕎麦に大根おろしとかつお節をのせた越前蕎麦を。

少し細めに切られたお蕎麦に

お出汁が利きつつやさしい味わいの蕎麦つゆがぴったりでした。

 

最後の甘味は、蕎麦ういろう♪

もちっとした歯応え、ほんのり蕎麦の香味、黒みつの甘み。最高☆

 

『京甲屋』の大将の前々職時代からの後輩さんが

料理長としてデビューされるお店です。

 

どうぞ御贔屓に♪

 

蕎麦割烹・龍・・・Phone : 075-252-5030

 

京都市中京区富小路六角上ル朝倉町534

ホテル京都シャラガム1階

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飾り扇子が届きました☆

 

ここのところ乾燥していた京都市内。

もともと超が付くほどの乾燥肌・乾燥体質?の私は

毎日、おっそろしい静電気に困っていました(^^;

そんな私にとっては、今日の雨は「慈雨」。

だけど立場や状態が変われば

この雨に困っている方も、きっといらっしゃるのでしょう・・・

 

と、そんなことを考えながら

昨日、お店に届いた飾り扇子の煌めきを眺めています☆

今日は、このところサボっていた営業記事です(笑)

 

koha*の京扇子を仕立てて頂いているお扇子屋さんは

飾り扇子や舞扇子も作られています。

 

お店の名前が椿ラボ京都なので

手描きの紅椿のお扇子を飾っていたら

これ欲しい!というお客様が多かったので

久しぶりにその他色々の飾り扇子を仕入れてみました(*^-^*)

表裏で金地と銀地になってる老松柄。

表:紅椿と裏:白椿になっている真珠仕上げのもの。

表:御所車と裏:さくら柄。

表:松に鶴と裏:さくら柄。

両面とも松竹梅柄。

 

竹製のお扇子立てもセットになって、置くのも壁掛けもOK☆

壁面にアート作品を飾る事が日常の海外の方にも人気のお扇子!

どうやって飾ってくださっているのか興味津々です。

もしかして、ダンスの際にヒラヒラと使ったはるのかしら・・・?

それも、良かことやね〜

 

玄関や床の間、和食や呉服屋さんのディスプレーにもピッタリ。

お探しの方は、是非、椿ラボ京都へお越しくださいね♪

 

 

 

 

 

睦月の月イチご飯☆

我が社にとっては、この寒〜い季節は

春夏の新作発表に向けての一大仕込み期になります。

 

生地メーカーさん、染色会社さん、パタンナーさん、

縫製工場さん、副資材屋さんとの打ち合わせや発注業務で

バタバタバタバタ・・・が続きます。

 

頭の中がこんがらがってしまった時は

いつもより沢山歩いたり、美味しいものを食べるのが一番☆

 

スタッフF本と一緒に、祗園新橋・中谷さんに行ってきました。

 

胡桃豆腐・なまこのみぞれ和えのせ

風味豊かな胡桃豆腐と

コリっとしたなまこの歯応えを存分に楽しみながら

上にちょこんとのせられた酢味噌も絶妙でした(*^^*)

 

明石の鯛と縞鰺、軽く炙ったよこわのお造り。 敷いてあるのは紅芯大根。

本わさびと、辛味大根の摺り下ろしが魚の旨みを引き締めてくれます☆

 

鯛のお出汁で炊いた聖護院大根とおあげさん。

おぼろ昆布の雪の下に、菜の花もこっそり隠れて早春の風情。

 

八寸。

人参葉のおひたし、南蛮漬け、一口鯖寿司、鰆の塩焼き

安納芋の卵焼き、海老芋田楽、イカと酒盗の揚げしんじょ

慈姑の唐揚げ、永源寺こんにゃくの炊いたん。

この一皿に盛り込まれた、万国博覧会状態に唸りつつ味わいました☆

 

このわたの茶碗蒸し。

とろける滑らかさと、銀杏と百合根のほくほく感がたまりません〜♪

 

下仁田葱の土鍋ご飯。

土鍋の蓋を開けると、鍋一面のぶつ切り葱!!

ご飯と混ぜていくうちに香味が一粒一粒にゆき渡り

身体の芯からあったまる美味しさに・・・

胡麻のツブツブも良い仕事してます〜

 

りんごのシャーベットと白ワインのジュレ。

キンカンとイチゴ添え。

 

はぁー・・・今日も美味しかったです。ごちそうさまでした☆

心の栄養もしっかりチャージ出来ました。

がんばろ〜っと。

 

 

 

ホクホク福かぶり☆

 

先週の定休日。

初夏のPOP UP STOREの打ち合わせで

バイヤーさんが入洛されたので休日出勤しました。

 

スタッフF本も休日にもめげず「私も同席します!」と言ってくれたので

だったら打ち合わせ前に美味しいものでも食べよう〜☆と

文椿ビルヂング二軒北側に昨秋オープンした

東急ステイの御食事どころ『ことこと』さんへ(^-^)

 

文椿ビルヂング内に、イタリアン鉄板料理、炭火焼き和食、

焼肉、カフェバーが揃っているので

美味しいしお手頃だし便利だし

ランチは大抵ビル内でいただいてるせいで

近場にあるビルの外のお店には伺う機会が意外に少ないのです。

 

こちらの『ことこと』さんは

親子丼や海鮮丼、ステーキ丼などの他に定食も揃っています。

このお店の一番の特長は、ランチタイムには

おばんざい(京都の普段のおかず)バイキングが楽しめること。

二人とも、メインは海鮮丼にして

「小芋の炊いたん」「お茄子の炊いたん」「卵焼き」

「高野豆腐の含め煮」「かぼちゃの炊いたん」「きんぴら牛蒡」など

好きなだけお皿にモリモリ盛りつけました♪

良い塩梅であったまった湯豆腐をすくって

葱や三つ葉、白胡麻、紅葉おろし、ポン酢や出汁醤油などで

好きな味に仕上げられるのも嬉しいな〜と思いました(*^^*)

 

ご近所のマダム達は既にリピーターさんも多いようで

皆さん、慣れた感じで「今日はこれをたくさん食べたいわ〜」と

前回制覇できなかった"おばんざい"を盛ったはりました(笑)

さすが、ご近所マダム☆

私達は出遅れながらも、しっかり美味しく頂きました。

 

そして、まだ打ち合わせまでに時間があるので

寒い季節の間に訪れてみたかった『大極殿本舗・栖園(せいえん)』さんへ。

 

お目当ては、艶やかにふかされた餅米に被せられた

滑らかなこしあんが、お布団をかぶったように見えると名付けられた

その名も「福かぶり」・・・☆

 

いやぁ〜〜〜、もう、何とも幸福口福。

ほんわかと温かいこしあん、もちもちつぶつぶしたおこわ、

おこわの中にもゴロッと栗の実が・・・

これね、お餅になって無くてつぶつぶのおこわってとこがポイント高し!

F本と二人で「んんんんーーー」と目をつぶって味わいました〜

 

 

胃袋からガッツリ幸せになってからの打ち合わせだったので

とっても和やかで良い商談でございました(笑)

 

仕事・・・と言う名の美味しい休日でした。

スタッフF本もお疲れさま&ありがとね。

 

今年は例年より積極的に皆さまの街へ伺います。

どうぞ、楽しみに待っていてくださいね〜!!

 

 

おめでとう二十歳☆

 

昭和の人間なので、どうしても『成人の日』というと

一月十五日というイメージが抜けません(汗)

 

今年は何だか、晴れの日にあるまじき事件も起こりましたが

それでも・・・新成人の皆々様、おめでとうございます☆

と、時間が随分経ってからの投稿をお許しください<(_ _)>

 

既に大いなる目標を見つけ出した方も

まだまだ迷いの中で藻搔いている方も

あなたがしっかり地に足付けつつ

羽ばたいたり、良い波に乗る準備を日々怠らなければ

きっと未来は開けます☆

 

今までの二十年、夢や望も悉く破れ

負け続けてばかりで口惜しい思いしかなかったとしても

これからの人生の方がうんと長く

自分次第で切り拓き易い立場になれたのです。

それが、大人というもの。

 

責任と覚悟を背負って

想い描く夢に向かって力強く一歩を踏み出してください☆

 

そしてこの日を迎えられた悦びと感謝を噛みしめて

ご家族や友達をこれからも大切にしてくださいね♪

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

2004年から発表しているkoha*オリジナルファブリックの他に

ご縁をいただき2005年から「こはのふりそで(koha*の振袖)」と

2006年から「こはのこもん(koha*の小紋)」をデザインしております。

(↑こちらは『芍薬』京紫)

 

昨年は『蓮』と『椿』の二柄のご注文を賜りました。

大切な節目を、この振袖で迎えていただけることは

私にとってもとても大きな意味があり、嬉しくありがたいこと・・・

(↑『椿』漆黒。お母様が成人式に締められた帯も素敵)

 

(↑『蓮』漆黒。叔母様が大切にされている朱赤の吉祥紋帯が映えます♪)

 

 

"私自身は振袖を着ませんでした"という

大人になりきれてなかった青く苦い話は、こちらからどうぞ(^^;)

http://blog1.koha-star.com/?eid=1421342

 

皆さまの未来に幸あれ☆

おめでとうございます(*^^*)

 

明けました☆

平成三十年、明けました☆

今年も毎日、健やかに穏やかに

たくさん笑えるよう過ごしてまいりたいと思います(*^_^*)

まずは、姪っ子撮影の清々しく縁起の良い御来光からどうぞ☆

 

戌年ということで、無駄に張り切っている(笑)我が家の小結の

たっぷり写真をお楽しみください〜U^人^U

 

立ち上がる小結。

 

広沢池の小結。

 

何故か!?達成感に満ちた雰囲気の小結。

 

大沢池で、水鳥を捕まえるべく?念じて呼び寄せている小結。

 

本当に集まって来て、ドヤ顔の小結。

 

渡月橋の手前で。

 

渡月橋の手前。その二。

 

小花と小豆母娘時代からの、我が家の定番写真スポット渡月橋を背景に。

 

鹿王院。ろくおういんって読みます。

 

山茶花が美しかったのでパチリ☆

 

三が日は、ゆーっくり過ごせました。毎日いっぱい食べていっぱい歩きました(笑)

 

忘年会ではご飯の後に、久々のカラオケ大会もあって

ノリノリでめちゃ楽しかったです。

自分もいっぱい歌ったけど、人の曲もコーラス(迷惑か!?)

エアドラム、エアギター、要らんダンスで弾けましたのw

 

さ、明日から初売り!

 

今年は、本拠地『椿ラボ京都』はもちろんのこと

5月大阪・梅田、6月名古屋、7月東京・新宿でも

koha*のPOP UP STOREを開催致します。

どうぞお楽しみに♪

 

 

 

 

ささやかだけど、ちょっと幸せ☆

 

昨日は朝から宇治方面へ打合せに出かけました。

 

一足先に出かけたと〜さんを見送る小結。

玄関先や階段の踊り場で、通りを警備しながら過ごします☆

というよりは、小結のお友達

(ご近所のおっちゃん&おばちゃんや近隣保育園のお散歩園児や

通勤通学の人々や宅配便の方々、そしてワンコなどなど)が

声を掛けてくださるのが嬉しくて

いつもこうやって"何でしたらかまってくださいな"と待ち構え中!

 

打合せが済むと、弊社が手がけさせていただいたお店の

伏見のお魚屋さんの"Ototo jet"さん

洋菓子屋さんの"Porte deux  lampes"さんに年末のご挨拶に寄りました。

皆さま商売繁盛☆嬉しいな・・・

お取り組み先さんが良い顔だと何より嬉しいもんですね。

 

その後、東福寺近くの"cafe nido"さんにて

ショップカードを納品がてらランチをいただきました☆

 

前菜付きのパスタコース、と〜さんは生ハムと何だったかな?

私はしらすとキャベツのペペロンチーノ。

んっふっふーめちゃ美味しかったなー・・・(*^^*)v幸せ。

こちらも人気店なので、ご予約がおすすめですよ。

 

その後、お店で仕事→外で打合せ→お店で仕事とバタバタ。

おかげさまで、何とか年内納めの仕事は

ちゃんと年内におさまりそう〜〜〜かな?

 

仕事中、母からメールが入りました。

「商店街の福引き、みかんとりんご当たった。

パパが当ててくれはった!」とね。

現住所を空に移した父にそんな念力はあるんかいなぁーと思いつつ

「パパ、さすがやな」と返信しておきました(笑)

ちょっと馬鹿馬鹿しいけど、母、可愛っ♪私も何だか浮かれ気分。

 

日が落ちると本当にじわじわ、じんじんと寒くなる底冷えの京都。

ずっと食べに行きたかった"拳10(こぶとん)ラーメン"さん

スタッフF本と一緒に行って来ました☆

良く考えると、お昼もパスタだった(笑)

 

お店のある三条通をズンズンと西へ進んで

三条会商店街のアーケードも通り抜け

千本通を越えてまだまだ西へ。

御前通までたどり着いたら、左(南)に曲がってすぐの所にあります。

 

スタッフF本は12月のスペシャルメニュー

「石焼きクラムチャウダーヌードル」を

私は「煮干し生醤油ラーメン」チャーシュー追加をオーダー(笑)

 

 

ラーメンって時々無性に食べたくなりませんか?

丁度、その波がやって来たので食べに来たのですが

本当に美味しかったです☆

あっさりしてるのに、とってもコクのある深いスープで

決して頼りないあっさりではなく、食べ応えも十分!

私はらーめんマニアではないので

この麺は「どこそこの何々麺」というのはわからないけど

スープとの相性もとっても良かったです(*^_^*)

 

高校時代の友人がやってます♪

皆さまも京都に来られたら、是非食べてみてくださいね〜!

 

小さな幸せがいっぱいの週明け。

今週もしっかりがんばろっと!

 

 

 

 

 

おひさまっ子の日光過敏症☆

 

日本全国、例年より寒い冬になってる様子。

涼しくなる、寒くなるのが今年は早かったですよね。

これも近畿地方に限らず全国的なことだったのかな?

 

昨年6月に、日光過敏症という

紫外線アレルギー体質になってしまった私。トホホ・・・

今年の夏は、日焼け止めベッタベタ、

日傘とサングラス必須、

UVカットのパーカとフルレングスのパンツと

足首も抜かりなく長い靴下で覆い暮らしたお陰で

発症することなく「あ、もう体質変わった?」と

油断したのが悪かった・・・(T T)

 

10月くらいからは、街ゆく人々もサングラスを外した人が多くなって

そろそろ私も大丈夫な紫外線量かなぁ?と

10月後半から外して過ごしていました。

 

そうしたら11月初めから地味に発症。

私の場合は皮膚が弱いので、皮膚に集中的に不具合が出るけど

それに限らず、最近、年齢の近い友人知人が口を揃える言葉は

「この現象が加齢によるものか更年期だからか

過労なのか病気なのか、わからん!」

そうそう、本当にそう☆

 

更年期は思春期なんかと似て、身体のバランスがゴロッと変化して

内部や外部の色んなところが、急速な変化に対応できずに

支障を来すけど、それを過ぎれば落ち着くって言うし

それならば、今、あたふたせずに最小限の対策だけ施して

嵐が過ぎゆくのを辛抱強く待とうか・・・と思うしね。

 

犬の散歩も、庭の手入れも日々の通勤やご近所の買い物も

お日様を敵に回すと結構大変!!

 

小さい頃から公園や運動場を駆け回っていたお転婆娘で

日向でスクスク育った私が日陰者になろうとは。

この先ずっとかも知れないし、あと何年かで戻るのかも知れないけど

しばらくは冬も用心して、サングラス生活を続けてみます・・・f(^^;

 

写真は実家のアルバムに貼ってあった姉妹の写真。

大体の服は母のお手製☆

 

 

編むのも縫うのも上手くて、アップリケや刺繍も得意で

既製服も、いつもひと手間かけてくれてたなぁ〜

 

寄る年波に抗えず、最近は目が疲れるので

細々した手芸関係は控えているけれど

白生地や糸を買ってきては趣味の草木染めを楽しんでる様子。

 

そうやね。

こうやって出来る事を探して、楽しみを広げれば良いのよね。

 

もし私が、この先一生『お日様はアウト』になっても

日陰でこそ出来る楽しみを見つけよう〜っと☆

などと一人考える日曜日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元気ですか・・・☆

(↑社員寮の庭にて)

今年の夏の終わりと秋のはじまりがせめぎ合う頃

父は静かに旅立ちました。

天皇陛下と並べるような不遜な意味合いではなく

私達家族にとっての

かけがえのない昭和が消えゆくような大きな出来事でした。

 

(↑新婚旅行)

 

最後の最期まで父らしかったな・・・

 

 

戦死した父親の代わりに長男として一家を護り抜き

やり切れないことの多い時代をがむしゃらに生き

母と出逢い築いてくれた家庭で私達を育て上げてくれた父。

幼くして父親を亡くしたので

息子と父親との関係性を渇望していたことを外堀から窺い知り

私が息子代わりになれればとがんばった時期もありましたが

当然それは叶わぬままに終わりました。

 

どうしようもない頑固者で距離を置いた時期もありましたが

あらゆる分野や現象の

"ほんまもん"を見抜けるようにと叩き込んでくれた人でした。

 

ちゃんと気持ちを整理して次に進めるよう

父への感謝状のような詫び状のような手紙をつらつらとしたためましたが

もう、びっくりするくらい何文字でも何枚でも書けてしまうので

こりゃあまだ、今の私の身の丈にあった大仕事ではないのだなぁと悟り

またの機会を待つことにします(*^^*)

 

あなたが、まさに命をかけて教えてくれた大切なこと。

私達は皆、胸に刻みましたよ。

 

こちらは何とかみんなで補い合いながら

それなりに楽しくやっております。

毎日たくさん笑って、美味しく食べて、しっかり寝ています。

どうか、ご心配なく・・・!

 

再び自由になった身体で、土をこねて轆轤を挽いたり

のびのびと、もしくは洒落にならぬ程の気合いで野球でも楽しんでいますか?

 

いつか私がそちらへ行く時は

惚れ惚れするように打ち分ける千本ノックで歓迎してください。

私はまた、泥んこになりながら一球も逃さず食らい付きますよ。

ありがとう、ありがとう、ありがとう。

また、その日まで☆

 

 

 

 

 

 

 

老眼開眼〜☆

 

この秋に、絶賛老眼デビューしました☆

本当は多分もっと前から老眼だった気がしますが

老眼であることを脳が認識するのに時間がかかるタイプだったのでしょう。

絵を描いてると、右が涙目になってくるのは三年くらい前からだったから。

 

元々、視力は悪くて

遠景と中景がぼんやりと見えなくなってから約40年。

もう25年近く運転はしていませんが(汗)

メガネをかけるのは、運転中と映画や美術展を見るときだけ。

 

見えないのは、結構困るけど

見えないと楽なこともあるし

視力に限らず、大体において出来る限り

身体の機能や見え方を補正とか矯正するよりは、あるがままで良いか・・・と

諦めに近い寛容?でもって自分に向き合ってきているタイプです。

加齢に起因する変化との向き合い方に関しては

今は亡き、我が家の老犬母娘の生き方が

指南書になっているところがあります(*^^*)

 

私の場合は、眼も商売道具なので

もしかしたら、これって大変な事なのかなぁとも思いつつ

もっと問題化するくらいになったら

問題化したからこそ描ける世界を描けば楽しかろう。とも思っています。

 

今は、無理したら今まで通りのものも表現できるし

でもこのまま、従来通りの描き方ではしんどくなるのは目に見えてる感じ。

何やら中途半端です。

ということで、来春夏は今まで通りで出来る世界を一挙五柄発表します♪

これも老眼の功名ってヤツかしらね!?

 

只今、仕上げた図案は染工場さんへ渡りマス見本待ち。

ダイナミックなパターンからめちゃくちゃ繊細なものまで

笑っちゃうくらいの振り幅で表現しています。

どうぞお楽しみに☆

本日の画像は、新しい柄には関連のない(いや、随分貢献してくれてるよね)

毎朝、か〜さんの耳を囓って起こしてくれる小結です。

若い犬の瞳は澄んでますね。

吸い込まれそうです。

でも、年老いて濁ってきた

少し陰りのある慈悲深い瞳も好きだなー・・・(^-^)