京都の乙女文化発信クリエイター、koha*のブログです。
【椿ラボ京都】と【koha*shop】の夏休み☆

 

連日、たまらん暑さですね〜。

夏休みに京都観光に来られるお客様も

お風呂上がりのように顔真っ赤っか&汗だくでお店に来てくださいます(^_^;)

とにかく、日陰を見つけたら日陰を歩いて

水分補給もこまめにお願いしますね〜〜〜

 

この暑さで、連日【椿ラボ京都】【koha*shop】では

koha*の晴雨兼用傘晴雨兼用折り畳み下駄が大人気ですー♪

 

新しいお客様だけでなく

リピーターの方が多いのもkoha*製品のお客様の特徴!

最初は「わぁー!!何て可愛い!」から始まって

一回使ってくださって「やっぱりこれいい!使い勝手良いな。」と実感して

他の色柄もどんどん揃えてくださる感じです(*^_^*)

これは本当に作り手冥利に尽きる・・・の一言です。嬉しいな☆

 

 

さて三条烏丸西入る(三条両替町北東角)の文椿ビルヂング1階【椿ラボ京都】

オンラインストアの【koha*shop】

下記の日程で夏休みを頂戴致します。

 

夏期休業期間:8月13日(火・定休日)---8月16日(金)

 

実店舗夏休み中はkoha*shopの出荷も停止させていただきます。

御注文いただくことは可能ですが、8月17日以降の出荷となります。

皆様方には御不便をおかけしますが

予めご了承くださいますよう宜敷お願い申し上げますm(_ _)m

 

楽しい夏休みを思い描きながら、あと一仕事がんまりましょう☆

 

 

メロン帽で爽やかに☆

 

全国 ひゃくまんにん(笑)の すびちゃんファンの皆さま。

小結 すびすび すびちゃんです。

 

すびちゃんは 夏の味覚 メロンを 食べました。

メロン 大好き。

 

すびちゃんは 夏のお洒落 メロンを かぶりました。

メロン 大好き。

 

縦切りメロンは 坊主頭感が ナチュラル。

 

水平切りメロンは プロペラが アクセント。

と〜さんに もう少し 下を向きなさいと 押さえられましたよ。

こういう時 すびちゃんは 全力で 抵抗しますよ(笑)

どこまでも 飛べそうな 気がしますね。

でも すびちゃんは 大人だから 本当は 飛べないこと 知っていますよ。

だけど 心の中と 生き霊は 飛べますよ(笑)

 

皆さんも 心の夏空を 飛んでくださいね。

お盆には 小花ばーちゃん 小豆ねーさんが 賑やかに かえってきますよ。

たくさん 遊んでくださいよ。

ウマウマと おもちゃを 用意しますよ。

じゃあ またね。ばいばい。

 

 

 

鳴滝倶楽部でお能に触れる☆


水を得た魚のように、夏を得た蝉?!がジンジン啼く日曜日。

京福電車の鳴滝駅の直ぐ傍にある杉浦能舞台

多角的に『能』に親しめる勉強会『鳴滝倶楽部』に伺いました。

 

前回は太鼓に触れる勉強会でした。

 

その前は、行燈能だったかな?

 

最初に参加したのは、こちら

 

年に幾度か開催されていて、その都度違う分野にフォーカスした

飽きることない楽しい企画。

毎日バタバタしていますが、出来るだけ時間を作って

と〜さんと参加するようにしています。

 

今回は『善界(ぜがい)』。

 

中国の名だたる寺院を乗っ取り、仏法を堕落させた中国の天狗・善界坊。

神々が仏法を護るという日本の仏教界も堕落させようと

愛宕山に棲む日本の天狗・太郎坊のもとを訪ねます。

 

太郎坊の庵から見える比叡山こそ伝教大師以来の日本仏教の根本道場。

二人は比叡山を標的に定め、魔道に陥れ、日本を手中にする企てを練ります。

 

天狗の所業により京には魔が蔓延ったため

「祈祷により鎮めよ」と高徳・僧正に勅命が下がります。

 

他の高僧達と共に都へ向かう途中で、雷鳴が轟き

天狗の首領・善界坊が現れます。

善界坊の野望に立ち向かう僧正の祈りの真っ向勝負。

負けじと一心に数珠を押し揉む僧正の念によって

不動明王、東には比叡の山王権現、南には石清水の八幡大菩薩、

西には松尾の、北には賀茂の守護神が取り囲み善界坊を責め立てます。

翼も折れ、力尽きた善界坊は、もう懲り懲りと虛空に消え去ります・・・

 

今回は装束をつけず、実演を交えて曲目解説をしてくださいました。

実際に身につけられる面、衣裳なども拝見出来ます。

普通の面は、口のところに小さな孔があって

そこから声が漏れるように作ってあるけれど

天狗達の面:大べしみは、鼻の穴は少々大きめだけど

口の孔が無いので声がうんと籠もってしまうそう。

天狗は普段は山伏の扮装をしているので、紺や茶の格子や縞柄が選ばれ

仕上げに梵天が施されるそうです。

戦うときは赤髪、白髪などに

金、赤、朱、黒、紺などの力強い装束が選ばれるとのこと。

 

そして、そんな解説の後には『善界』の謡の触りの所を教えていただけます。

楽譜に見えない楽譜を頼りに、ちょっと上げる、途中から徐々に上げるなど

正しい謡の後に、自分達で腹の底から声を出し復唱☆

普段、お腹の底から声を出す事をしていないので

まぁ、びっくりするくらいショボい声しか出ないもんですf(^ー^;

しかも正座しながらですしね。なかなか現代人には無い経験です。

 

その後は、能・狂言専門書店『檜書店』編集部の小辰恭子様のお話を伺いました。

観世流の謡本の版木を拝見する機会にも恵まれました。

何とも達筆で滑らかで美しい彫りか

書いた和紙を貼り付けて文字を彫られたようです。

 

少し話は変わりますが、絵はもちろんのこと浮世絵にある文字って

めちゃくちゃ美しいですよね?!

絵は言わずもがな、歌川国芳、月岡芳年なんて惚れぼれしちゃう☆

 

裏面にも彫りが施されています。

刷り重ねて、文字の凸部分が磨り減ってきたら

周囲を彫り、文字を際立たせて、また長く使ってこられたそうです。

今や"活字"や"写植"でさえ古き良き時代の産物ですが

一箇所ミスしたら、とんでもない・・・!

という時代に産まれて無くてこれ幸い☆

などと胸を撫で下ろしてしまいますσ(^◇^;)

 

今回もとっても興味深く楽しい時間でした☆

先生方、ご一緒させていただいた方々、ありがとうございました♪

 

 

 

 

 

祇園新橋・中谷さんに行ってきました☆

 

毎月末のお楽しみ、

スタッフF本と一緒に食べる『お疲れさまご飯』。

 

設計やデザインの仕事でお世話になってるお店。

新しくできたお店や、何回でも行きたくなるお店。

「この季節は、あそこの何々が食べたいねぇ」とメニューからお店を選んだり

今回はパパッと食べて、カラオケ2時間歌い倒そう!(笑)なんていう時も。

美味しいものが、明日への活力になるのは老いも若きも一緒☆

 

よく、一緒にゴルフをすると性格や仕事の仕方がわかると聞くけど

一緒にご飯食べると、本当によくわかりますー(爆爆爆)

 

昨日は祗園新橋の中谷さんへ。

京都の旬を楽しむ食材をふんだんに使った

味わい深く風流なお料理に、いつも感激させていただいてます(^-^)v

 

F本とお腹を空かせようと、お店から祗園まで小走ってきたので

腹ペコ&喉が渇き切ってました。

で、最初の「フルーツトマトの100%ジュース」の写真を取り忘れましたが

疲れた身体にスーッと沁みる自然な甘さの"幕開け感"が心地良かったです。

 

お次は、清々しい蓮の葉に覆われた一品。

雨水のように蓮の葉の中央に溜まっているのはお出汁のジュレ。

これを下の器のお料理に流し込むと、最初の画像のお料理が完成☆

 

焼き目がアクセントの貝柱とずいき、冬瓜、小芋フルーツトマトが

ひんやりとしたお出汁と程良く絡んで…思わず笑顔!

 

 

梶の葉が覆うのはお造り(お刺身)。

梶の木は古来、神に捧げる神木として神社に植えられていた木で

七夕に七枚の梶の葉に歌をしたためて

織姫に手向ける風習も残っているようですね。

この季節ならではの心憎い演出だなぁ。(旧暦の七夕は八月に入ってからですしね)

 

脂の乗った、ちょっと早めの戻り鰹の炙り、しまあじ、生湯葉の三種。

鰹がトロ並みの舌触りと味わい!

しまあじも味が濃くて、生湯葉も自然な甘みがしっかり☆

 

かじきと茄子とイチジクの揚げ出し。

鰹出汁でなく、鮪出汁だとスキッとした香りと広がる旨みが不思議な感じ。

ジュンサイもよく食べるどぅるんどぅるんした舌触りより

シャキッとした歯応えが際立つし、緑色味も強いし、別物感強し。

茄子と油って最高の相性だと知ってましたが

イチジクと油ってのも出色!

揚げると茄子の質感に似るんですね。それでいてツブツブ感が独特♪

 

八寸。

にがうりの酢味噌和え、豚角煮・粒辛子添え、もずく、鮎、茗荷

赤蒟蒻、薩摩芋、枝豆、ぎせい豆腐等々

ひと味毎にんっふっふ・・・とF本と微笑み合う美味の数珠繋ぎでした☆

 

鱧の柳川風。

京都の夏、祗園祭のお料理と言えば、鱧☆

鱧のお出汁で、鱧、笹掻き牛蒡、九条葱、卵をグツグツ・・・

はぁ・・・美味しくない訳が無い!

冷房で冷えてきた身体にも丁度良い塩梅。

 

このお料理の途中で、万願寺とうがらしがホクホク、シャキシャキの土鍋ご飯を。

水茄子のお漬け物、ちりめん山椒、きゅうりのぬか漬け、昆布も揃って

最後の最後まで、ご飯も美味しく頂けます〜

お代わりする頃には、おこげもしっかり!

 

〆のデザートは、本わらび餅とバナナチョコチップアイス。

 

ふぅー・・・・・。美味しゅうございました!ごちそうさまでした♪

 

普段は一品で出来るだけたくさんの食材・栄養を摂れるようにっていう

手抜き料理ばかりを作っているので(汗)

手間暇掛けた、プロのお料理をゆっくり味わえる時間は至福のひと時。

ありがたやー☆

 

さぁ、ご馳走食べて来月も突っ走りますよーっ!

皆様も夏バテしないようにしてくださいねーっ!

 

八月はすぐそこ☆

 

我社のお店のある三条両替街界隈。

祗園祭の後祭も済んで、いつも通りの景色が戻ってきました。

 

友人が蟷螂山のご町内に住んでいる事を知ったのがきっかけで

この三年間は蟷螂山の厄除けちまきをいただいてました☆

 

ちまきの一本一本、紙垂(しで)、そして、金色のかまきりも!

みんなご町内、保存会の方々が作って備えてくださるんですよね(@-@)

山鉾の優美さや雄壮な巡行もさることながら

こういったささやかながら大切なことが受け継がれてるのが

本当の底力だなぁと感じます。

 

休み山から2022年の復興を願って準備中の鷹山の

厄除け粽を、今年はいただきました。

生きてる間に、大船鉾に次いで鷹山の復活も見せてもらえるなんて

何たる幸運☆☆☆☆☆

 

 

 

昨日は朝からビルの取材があったのでちょっと早出。

元気&景気づけに、スタバのピーチ何とかを飲んで、二人してご機嫌でした(笑)

桃がゴロゴロで美味しかったです(*^^*)

 

来週は、もう八月に突入〜!

実りの秋に向けてがんばりましょう♪