京都の乙女文化発信クリエイター、koha*のブログです。
春のイベント第一弾。金沢でお会いしましょう☆

 

来週水曜日から始まる金沢・香林坊大和さまのイベントに向けて

てんこ盛りの商品を、本日発送完了。

 

このご時世だしPOP UP STOREはどうなるのかな?と

心配してくださっている皆さま。

このご時世だからこそ、元気の出る色柄をお届けに参ります♪

 

春と夏のお役立ちアイテムが勢揃い☆

新柄雑貨や新作の洋服や小物がいっぱいです。

 

 

リクエストを山盛りいただいて昨秋、初めて作ったガウチョパンツ、

バリエーションをもっと増やして〜☆の声にお応えしたストール、

綿ローン地のしなやかな肌触りが嬉しい前釦の九分袖チュニックブラウス、

ロマンティック×アスレティックなムードが新鮮な

花柄×ストライプのセットアップなどなど、可愛い品々目白押しです♪

 

 

昨秋発表の新柄も、この春に晴雨兼用傘と防水エコバッグになりました。

 

うれしい、たのしい、大好きも

かわいい、かっこいい、似合うわ〜も

いっぱいいっぱい揃えました。

 

皆さまお揃いでお越しくださいね☆

 

*-*=*-*=*-*=*-*=*-*=*-*=*-*=*-*=*-*=*-*=*-*=*-*=*-*

 

koha*の世界展vol.26

新作布『町内フローラ』と『How many faces?』の発表会

 

@金沢・香林坊大和 3階 婦人ファッションフロア・下りエスカレータ前

【Weekly Message】コーナーにて

3月18日(水)---3月24日(火)

 

*-*=*-*=*-*=*-*=*-*=*-*=*-*=*-*=*-*=*-*=*-*=*-*=*-*

 

京都ならではの世にも美しい布なら

2004年にデビューしたkoha*オリジナルファブリック

午後の戯言☆

馬酔木の花が満開です☆

 

毎日、閑古鳥がさえずっている大方の場所。

それでも結構賑わっているところや、賑わっている日時なんかは

それなりにあるんでしょうね。

そういうところは、んもぉー是非!がんばって!

本当は自分のお店もそうでありたいし、あるべきだけど…。

とにかく、こういう不景気感漲る時は

それでも賑わっている分野で、頼むぜ〜経済回して〜〜〜

みんなに元気届けて〜〜〜!って思っちゃう☆

 

うちのお店もお店周辺も、今、人は少ないなー(^^;

webショップに沢山ご来店くださっていて何てありがたい☆

今はこちらを強化しようと、スタッフ共々

せっせと新作を購入頂ける用にkoha*shopを整えております(*^-^*)

 

ひとりひとりが予防は万全に…というのは当然あるべき姿勢。

 

「中途半端で混乱を来している!」「給食がないから子供の昼ご飯が−!」

「検査態勢がなってない!!」「遅きに失した」等々

声高に批判する人も居るけれど

爆発的な感染の山場を抑制するための休校要請も

特定の国に対するビザ効力停止、来日自粛要請、

入国後の政府指定施設での隔離っていう防疫措置なども

徐々にに功を奏するような気もします。

結果が目に見えるのは3月15日頃らしいけど、どうなんだろ?

収束を実感できる時が、早く訪れますように。

 

それにしても各報道機関は酷いなぁ…とちょっと悲しくなります。

クルーズ船の感染者を国内感染者にカウントして発表しているのは

意図的なのかしら?

他の国では、たまたま寄港している船内の感染者を

国内感染者に含めることはないし、そりゃそうだろうと思います。

 

日本が『感染大国』だと誤解させて何処に向けてアピールしてるんだか?

 

本当に医療現場の方々の健闘はすごいな…としみじみ。

難しい事はよくわからないけど

どんくさいなぁと思ってしまうこともある政府だって

足を引っ張る敵もめっちゃ多い中で

医療現場が疲弊して崩壊しそうな検査の乱発を避けつつ

要所要所は押さえたり切り抜けたりしてくれているなぁと

大袈裟ですけど一国民として感謝しています。

 

毎年のインフルエンザでも

残念ながら国内で3000人以上の方が亡くなられていて

インフルエンザから派生した肺炎等でなくなる方々も含めると

1万人くらいが死亡しているそうです。

もちろん高齢者や持病のある方が殆どで

抵抗力の弱い乳幼児も含まれるそうです。悲しいけど。

 

武漢から始まった新型コロナウィルス。

未知の病だし、変性するリスクも頭に入れておかないといけないけど

感染者の8割から9割は5日以内に回復に向かっている

(発症していた人のうち300人くらいは退院できているそうです)事実は

何故、殆ど報道されないんかな?

 

何で一国の首相がマスク転売はダメなんて事まで

公言しなくちゃならんのでしょう?

 

それなりに色んな国へ行ったけど

我が国の保健とか衛生面のインフラはすごいと思うの。

健康保険とか医療とかの設備や制度そのものや

医療に従事する方々の矜持も実績もそうだし

一般人の衛生観念や清潔さも、本当にすごいぞー!って思ってます。

 

もちろん油断大敵。

だけど『社会の中での想像力』を思い巡らせながら

こんな時こそ、心豊かに暮らしたいと思います。

 

 

突然の牧歌的な写真は、家の近くの農家さんの畑。

ここは昔から畑地で、私が小さい頃は右奥に見えてる白いマンションの場所も

畑が続いていて結構広かったな。

(もちろん街中の畑として、広いという意味です)

昔は端っこまでの畝毎に、夏はキュウリとトマトと茄子ととうもろこし。

冬は葱と白菜とほうれん草みたいな感じ栽培されてたけど

この頃はもっと区画を細かくして、ハウス栽培も取り混ぜて

いつでも10種類近くを栽培して、獲れたてを店頭販売してくれたはります。

時代に沿って柔軟に対応してる農家さんだなぁ。

 

毎日色んな事が起こって

予期せぬ事や、ありがたくない事も起こって

それでも日々は続いていくんだから

もっと賢く、強く、柔らかくありたいなぁと思うのです。

 

最後の写真は、長くて強くて可愛い小結です♪

 

明日からまた一週間。

みんな元気に笑って過ごせますように☆

 

 

 

 

 

 

 

新作ストール続々到着☆

一昨日は、時折雹が降る気まぐれな悪天候でしたが

わずかな晴れ間を縫って、春物の新作『キルコハ(着るkoha*)』の

着衣写真撮影を敢行しました。

 

「ひぃ〜さっぶっ!!(きゃあ〜寒いわ・・・の最上級)」と震えつつ

カメラマンに「顔固い。笑顔でー☆」と笑われながら

スタッフF本といつもの悪戦苦闘。

素人モデルの面白写真、また楽しみにしていてくださいねー♪

 

さて、晴雨兼用傘と 晴雨兼用折り畳み傘に続いて

続々と新展開の商品が仕上がって来ております☆

 

本日は大人気につき、一挙6柄を追加したスリムのフリークロス

広幅のフリークロスは、タペストリーや間仕切り、テーブルクロスなど

インテリア用途としてお使いいただく方が多い気がします。

それに比べ、半分の幅のスリムタイプは

ストールとして活用いただくことが多いので

ストール使いしている写真を並べますね(^-^)v☆

 

↑ ↑ ↑トップ画像。

糖刀議会バナナ色のスリムのフリークロス

色違いエスプレッソ色のボトルネックトップに合わせています。

同じ柄ながら、違う色合わせる上級編!技アリ一本!!

 

 

↑ ↑ ↑蒼空アジュール(青)

綿の二重ガーゼのボトルネックトップスに合わせています。

南仏の海や空を感じる美しいブルー☆

同じ柄でこんな風に重ねても格好いいし

白や生成りのリネンやコットンのシャツやワンピースのアクセントにも◎。

 

↑ ↑ ↑極楽浄土ライトアクア

ウールの半袖プルオーバーに合わせてみました。

例えば、半袖だと少々肌寒くなる時間帯なんかには

首元からスルッとほどいて、肩からふんわり羽織ってただくと

薄手の綿ローン地とは思えない、さり気ないあたたかさに包まれますよ。

 

 

↑ ↑ ↑虹のまにまにドラジェ(フランスの祝い菓子のような色合い)

こりらは柄の中に散りばめられた淡い紫色をリンクさせて

長袖ボーダーのラベンダー色を合わせました。女子力高い・・・☆

 

 

 

↑ ↑ ↑ド・レ・ミ・ファ・ソ♪は蕎麦の花と実とお蕎麦を描いた柄

綿の二重ガーゼのチュニックと合わせてみました(*^-^*)

チュニックの方はひとまわり大柄なので

太切り蕎麦と細切り蕎麦の美味しさを味わっていただけます♪

 

 

↑ ↑ ↑秋七草アプレミディ(午後の陽光のような穏やかなベージュ)

ウールのプ半袖ルオーバーに合わせてみました!

このストールも半袖プルオーバーも

何にでも似合っちゃう癖の無さは最強だと思います。

 

 

↑ ↑ ↑美人姉妹サマーシャドウ(夏の影のように涼やかなブルー)

リバーシブルスカートの美人姉妹面をボトムに

同じ配色で仕上げたコットンのカーディガンをトップに。

カジュアルなアイテムながら、色柄をピタッと合わせると

得も言われぬよそゆき感が生まれますよね。

親しみやすいのに上品さが溢れ出す・・・うん、最強かも☆

 

ちなみにこのスカートの裏側は秋七草アプレミディの柄

こちらのストールと合わせても、限りなくやさしい色合いなりますよ。

 

たかが洋服、されど洋服。

着ることって、人間が手に入れた大切な営みのひとつ☆

名刺代わりにもなるし、感情表現や気分転換だって出来ますからね。

 

ちょっと鬱屈した世の中だからこそ

楽しいことに貪欲になってもいいんじゃないかな?って思います。

もちろん、しっかり予防しつつ☆

 

良い週末をお過ごしくださいね(^-^)

 

 

 

 

 

 

 

 

『こはのふりそで・紅白椿文様』☆

koha*の振袖を誂えさせていただいたお客様から

先日、成人式のお写真を頂戴しました。

 

二年前にお姉様が着用してくださった『こはのふりそで・紅白椿文様』を

令和二年の今年、妹様がお召しになった晴れ姿☆

 

漆黒地に紅白の椿が大胆に咲いた振袖を

モダンに、クールに、堂々たる華やかさで着こなしてくださり

もう…大感激&感無量…

 

お母様から受け継がれた帯の色とリンクした、金色の髪の潔いボブ。

後れ毛や髪飾りを活かすのが主流の時勢に、地毛の魅力オンリーの強さ!!

 

お姉様は、二年前に正統派の古式ゆかしい着こなしを披露してくださり

端正な美しさに、本当に、いたくいたく感動しました☆☆☆

お姉様の締めておられる帯もお母様のもの。

こうやって、大切に受け継がれていく"物"に宿った

家族を思う気持ちや、成長を喜び寿ぐ気持ちや

それをまた次の世代に繋ぐ気持ちこそが、形には見えなくても

最も尊くて大切なことなんだろうなぁとしみじみ。

 

大人として歩き出す大切な門出。

本当におめでとうございます☆

その大いなる一歩を「こはのふりそで」で力強く踏み出していただけて

私も、自分自身の情けない成人の第一歩を

今更ながら取り戻させてもらっている感じです。

 

孫達の成人祝いにと、孫全員分のご祝儀を貯めてくれていた母方の祖母。

「気に入った振袖でも買いよし」とポンッと気前よく渡してくれた大金を

振袖ではなく

二十歳の自分にしかできない個展を開くことに使わせて貰った私。

振袖を着るより、振袖を作る側の仕事をしたいなぁと言い放つ私に

(まさかそれが実現するとは微塵も思っていなかったけれど)

二つ返事で背中を押してくれた祖母。

 

こうやって、koha*の振袖を注文してくださる方々を通して

祖母との不確かな約束を、それなりに叶えられたんじゃないかな?という

ありがたいありがたい慶びも、私はいただいてます。

ありがとうございます。

 

どうか、皆さまの未来に幸あれ☆

心から、おめでとうございます(*^_^*)

 

過去の振袖の話は、こちらをどうぞ(^-^)

http://blog1.koha-star.com/?eid=1421423

 

 

"私自身は振袖を着ませんでした"という

大人になりきれてなかった青くて苦い話は、こちらをどうぞf(^ー^;

http://blog1.koha-star.com/?eid=1421342

 

小結の休日☆(2月11日 こむすび日記)

全国 ひゃくまんにんの すびちゃんファンのみなさま。

小結 すびすび すびちゃんです。

 

か〜さんは すびちゃん日記を 非表示にしたままで

公開できていなかった事に 本日 気づきましたよ、残念。

すびちゃん 元気にしていますよ。

今日 公開の すびちゃん日記は 建国記念の日(紀元節)の 日記ですよ。

 

すびちゃんは 飼い主と一緒に居ると

おうちの中では 比較的 おとなしい方ですが

お留守番中には ここぞとばかりに いたずらに 勤しむ日もありますよ。

 

事務所の デスクは キラキラ 宝庫。

噛み応え最高級消しゴム。

カランコロンと 音色の美しい 三角定規。

先輩犬の 噛み跡が ほのかに 残る 修正液。

カラフルな 紙の束。

など など など など。

 

机の上の物は 一切 いたずら禁止!!と 躾けられたので

いつもは 我慢がまんと 言い聞かせるけど

時々 はっちゃけてみますよ。

 

そんな日は やっぱり 叱られますよ、残念。

 

でも 精一杯 がんばって お留守番してくれたんやねぇ。と

お休みの日は いつも以上に いっぱい遊んでくれますよ。

お天気が 良かったら ちょっとだけ遠くの パン屋さんまで

お散歩 お散歩 良い気分。

 

愛宕山に 積もった雪も もう 溶けましたね。

 

青い空 白い雲 金色犬。 あ、紫の服着た 金色犬。

 

あの雲のように 自由に 旅したいと 言うと

すびちゃんは いつも 自由やん。 と 言われました、残念。

パンを買って おば〜ちゃんにも 届けましたよ。

 

お揃いみたいな 紫服の おば〜ちゃん。

いたずらユニット 結成しますか? ミディアムパープル?

大笑いで 断られましたよ、残念。

 

季節は 駆け足ですね。  春の妖精さん、いらっしゃ〜い!

花粉の妖精さん、どうか おやすみなさ〜い! さらば〜!

 

楽しい 春を 待ちましょうですよ。

じゃあまたね、ばいばい。