京都の乙女文化発信クリエイター、koha*のブログです。
<< koha*の新作晴雨兼用傘、ウェブショップにて発売開始☆ | main | 桜日和の狂犬病予防注射☆ >>
『こはのふりそで・蓮文様』☆

koha*の振袖のお誂えを賜ったお客様から

卒業式のお写真を頂戴しました。

あらためましてご卒業おめでとうございます☆

 

感染症予防の観点から、全校上げての盛大な卒業式は見送られ

学科毎の修了証の授与のみで対応されたとの事でした。

お母様より、ひと言。

「この子達の学年は、詐偽まがいの貸衣装屋さんのせいで

成人式の晴れ姿を泣く泣く諦めた子達も多かった世代。

次に着用する卒業式さえ、こんな事になって気の毒だなぁ・・・」

 

確かにそうだなぁと思いました。

 

もちろん、この世界中が戦場状態の機に及んで

卒業生・在校生・親御さんに教授陣がぎゅうぎゅうに密閉空間で

長時間に渡る式を行うわけにはいかないし、その判断は納得です・・・

 

きっと、この不遇を埋めるに負けないほどの

ありあまる喜びのための凹みだと信じて

社会人一年生の毎日を大切に歩み始めてくださいね。

あなた方ご自身さえ、しっかりと生きてゆけば

時間はかかるかも知れませんが、必ずや明るい未来が待っていますから!

 

二年前には、正統派の着こなしを楽しんでくださいました。

白椿と藤と蝶々の京くみひも飾り

ふんわりしたまとめ髪をドレスアップしてくださっています♪

 

 

今年は、あえてハズしたモード感漂う着こなしに

チャレンジしてくださった様子(*^-^*)V

ガーリィでちょっとパンチが効いて可愛いなぁ☆

 

白いチュールレースとインナーのレースのタートルがリンクしてますね。

今回の帯も叔母様の帯とのこと。

こうやって世代を超えて受け継がれていくことこそが

何よりも嬉しく尊いことだと感じます。

 

 

新社会人のみなさま。

押し寄せるほどの拍手や声援で社会の荒波に船出する

いつもの卒業気分ではなかったにせよ、

いえ、なかったからこそ・・・かも知れません。

 

今年の春のほろ苦い門出を、安定した航海に変えるも

トライ&エラーだらけだけど素敵な港を目指すも

全部ぜんぶ全部あなた次第です。

背負ってる条件により、船の大きさや装備は違うかも知れませんが

時間はかかれど、それすら更新してゆけるもの。

ご卒業おめでとうございます。

社会人一年生おめでとうございます。

 

どうか良い旅を☆

 

 

 

 

 

COMMENT