京都の乙女文化発信クリエイター、koha*のブログです。
<< ぞろ芽さんで月イチごはんの会☆ | main | 犬も走る師走かな☆ >>
料理屋 自在さま、オープン☆

 

デートや家族の記念日から忘年会・新年会・歓送迎会等々

京都に住まうなら、何かしらの想い出がある方が多い

『うしのほね』グループさんのお店。

 

三条通富小路西入るにある『うしのほね あなざ』さんの

西側の小径を進んだところに

『料理屋 自在(ZIZAI)』様が本日オープンしました☆

 

以前、イタリアンのお店として使われていた設備を活かし

和洋折衷&独創的なお料理に見合う空間を

弊社設計部が手がけさせていただきました(*^-^*)

ロゴマークや印刷物等はkoha*にお任せいただきました♪

 

 

 

オープンに先立って、先日レセプションに伺いました。

 

コース料理をメインに、アラカルトもたくさん揃った

色目も味わいも、実にカラフルなお料理が

時にやさしく、力強く、交響曲のような構成で出てきました☆☆☆

 

前菜

カニのタルタルにキャビアがのっかってます。

真ん中の層は鮟肝!一番下は白菜のゼリー寄せ!

控えめに春菊のソースが・・・

どの層とどの層を混ぜて口に運ぼうか、一層ずつ順番に行くべきか

考えながら食べると尚楽し☆

 

ここからは、鉄板料理という概念を越えた鉄板料理☆

 

海老芋胡麻豆腐の上には山葵でおめかしした伝助穴子。

干し貝柱と椎茸のだしあん。

ふっくら、もっちり、旨みが良い感じ(^-^)v

 

昆布〆した、レア感強めの京鴨ロースと下仁田葱。

九条葱のラヴィゴットソースの、しっかりした香りと酸味が美味しい〜!

 

伊根ぶりのレア焼きと源助大根。

自家製の醤油麹とバルサミコソースで。

脂ののったぶりと肉質が細やかな大根にソースが合いました〜♪

 

銀だらと白子の炙り 蕪のフュメドポワソン・スープ仕立て。

アハ・・・これ

本当は手前のスペースに白子がドーン!と盛りつけてあったのですが

ふた口食べてから写真を撮りました(-。-;)

蕪の和風ポタージュのようなスープが◎

 

そしてメインの鉄板ステーキ。

この日は、鹿児島黒毛和牛リブロースと

京都丹波ポーク肩ロースと北海道エゾ鹿のシンタマから選べました。

と〜さんは丹波ポーク、私は黒毛和牛!

お、美味しいー・・・

美味しい物を、美味しいなぁーと食べられる喜びと共に噛みしめます☆

お酒を飲める健康状態に戻れた事も、本当にありがたいな〜っ!

 

そして、お料理の〆は

トリュフ風味のウニオムライス。

最初はそのままで・・・途中からウニのお出汁をかける"ひつまぶし風"♪

トロトロ卵とウニが口の中で溶け合って

トリュフのアクセントが嬉しい、大人のオムライス☆

 

最後はドルチェ3種盛り。

ミルクスイートと白味噌の羊羹、

タルトタタン・金時にんじんのソースとシャーベット。

芋好きの私、この羊羹なら一人で一竿食べられるわ(笑)

はぁー・・・美味しかった〜

お腹いっぱいです。

退屈しない、美味しいお料理で満たされた時って何とも幸せ。

 

とまぁ、実に多彩な"攻めたお料理"です!

和食の要素もフレンチの要素もふんだんに感じるドラマティックなコース料理。

 

割とコースのあるところでも、アラカルトを頼みがちなタイプですが

プロローグからエピローグまで、料理人さんに委ねた構成で

味わう楽しみも良いもんだなぁ・・・って思いましたσ(^^*)

 

美味しかったので、会社の忘年会も予約しました(笑)

 

「今度のごちそう会はどこにしようかな?」と考え中の皆さまも是非に☆

 

うしのほねグループ

『料理屋 自在(ZIZAI)』 phone:075-212-7535

 

 

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK