京都の乙女文化発信クリエイター、koha*のブログです。
<< 朗読表現研究会・アールラボさま始動☆ | main | 『能』と『香』のお話し☆ >>
9月26日、金木犀香る☆

 

9月26日の宵の口に金木犀の香りに立ち止まった。

令和元年・2019年初めての、大好きな甘い香りを深呼吸した。

 

年々、猛暑の記録更新みたいに言われるので

まだまだ咲くには早過ぎると、金木犀が自制して

開花はもっと先延ばしになるのかも・・・と思うけど

意外に開花時期は変わらない。

 

というか、早まっている。

 

というのも、私が15歳だった40年前。

10月1日の、制服の衣替えの日の朝に庭の金木犀の香りを嗅いで

『何となくキリが良かった』のと

記憶の薄らぎ(忘れてゆく)や、薄れ切った記憶(完全に忘れ去る手前)や、

忘却の彼方(もはや忘れ切って、無かったことになるのか?)は

誰にでも起こることなんだろうか?という

どうでも良いけど、

ちょっと気になる事を自分で実験したいと考えていて(ヒマか?笑)

『昭和54年・1979年、自宅の庭&近所一帯 初金木犀の日は10月1日』

というのを正確に記憶しようと決めたから。

 

歴史上のものすご〜く大切な事とは対極にある

実に小さくショボイ季節の記録だけど

とりあえず、憶えているもんだわ〜と驚いている(笑)。

 

そう言えばあの時も

「今日から衣替えやけど、まだブレザー着用には暑いなぁー」と

友人達とブツブツ話しつつ

「でもブレザー着てる方が、バランスが格好いいよなぁ?」と

体育会系一筋だった毎日から

引退試合後は、少々お洒落に目覚めた風の発言もありつつ

妙な希望と得体の知れない不安に包まれた普通の中学生達は

本当は10月でも十分にカッターシャツだけで大丈夫だったなぁ・・・

 

とりあえず、40年後も忘れていなかった。

他に、もっと憶えておくべき事がある気はするけどね(笑)

 

でもきっと55歳の金木犀の開花日は9月26日だったことは

10年後は愚か、5年後だって憶えていない気がするなぁ。

くわばら、くわばら☆

 

どうでも良いけど、憶えている日。

みなさんはありますか(^_^;?

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog1.koha-star.com/trackback/1421588
TRACKBACK