京都の乙女文化発信クリエイター、koha*のブログです。
<< 「良きが上にも良きものを」に触れたひと時☆ | main | 小結の紅葉パラダイス☆ >>
「京甲屋・三条」さまに行って来ました☆

(↑↑↑本日、突然、あて蕎麦味噌炙りの写真ですみませ〜ん)

 

大倉陶園百周年記念の展示会の後は、と〜さんと市内散策。

 

打ち合わせや納品や備品の買い出しなどで

常々京都市内をウロウロしてますが

ゆ〜っくり歩き回れる機会って意外に少ないんですよねf(^^;

 

それに、このところの街が変わりゆくスピードの速いこと!!

私なんぞの『記憶の上書き保存能力』を優に超えてます(あ、と〜さんもね、笑)

少し前は、広い敷地は殆どがマンションに変わり

小さめの町家はゲストハウスになっていたけれど

この3、4年ほどは、大概、ホテルに変わってますね。

それでも足りないって本当なんでしょうか?

それっていつまで続くのかしら?と考えつつ

其所に以前建っていたものが思い出せません〜〜〜っ。

 

新しく出来たお店を色々見て回って

変わりゆく待ちの近況チェック。

微妙に変わってゆく、界隈の人の流れも肌で感じてチェック。

こういうのも仕事の内ですからね(^-^)

 

晩ご飯は、富小路六角上がるの『京甲屋(きょうかぶとや)・三条』さんへ。

堺町通蛸薬師上がるの『京甲屋』さんの妹分、いや、弟分的なお店で

京料理も含めた日本料理とお蕎麦がいただけます☆

まずはお通し。

若布、美山のくみ上げ湯葉、海老。ポン酢のジュレと茗荷がいい感じ。

土曜日はとっても暑かったので、さっぱりした一品が嬉しかったです♪

 

次はお造りの盛り合わせ。

色んなものを食べたかったので、ちょっとずつにしてもらいました(笑)

家で食べるときは、お刺身に表面をサッと炙るなんてことしないので

こういうのが私にはとっても嬉しい・・・(*^_^*)

 

この時、既に乾杯のビールは無くなり、と〜さんと日本酒をチョイス☆

と〜さんは、キリッとサラッと辛口の正雪。

私は、まろやか旨口の明鏡止水。(と〜さん、もう呑んでるし・・・(-.-;)y-゜゜)

 

お次は蕎麦まんじゅう。

九条ネギを練り込んだ薄緑色のそばがきには挽肉が詰まっています。

あんかけのお出汁も、ほっこりと美味しい〜・・・

 

秋刀魚の柚庵焼き。

脂ののった秋刀魚の塩焼きも大好物だけど

こういうよそゆき顔の秋刀魚も、脂に頼らない味わいが楽しめて新発見ですよ。

 

生麩と茄子の揚げ出汁。

やっぱり生麩を食べずしては帰れないよね?と言うほどの生麩好きなので

これは外せません〜!

蓬麩と胡麻麩の組み合わせ。

そして、いつも思うのですがお茄子と油は何て合うのでしょうね。

と〜さんの日本酒は雪の茅舎に移っていました。

 

小蕪と海鮮の卵あんかけ。

料理人さんが「今日の小蕪は皮を剥いた時の肌触りがしっとり滑らかで

もう絶対に美味しいですよ。」とイチオシだっただけあって

きめ細かな美人小蕪ちゃんでした☆

あんかけのとろみ具合もすごーく繊細で・・・飲み干しましたわ(笑)

 

そして、日本酒を飲み過ぎたと〜さん。

もう、〆の蕎麦は食べられへんわーっ!!と言った尻から

あ、これ関西弁かな?『言ったその直後』『言い終わらぬうちに』くらいの意。

『言ったそばから』とか『舌の根も乾かぬうちに』風の意味ですね。

私が頼んだお蕎麦を「旨そう〜」とすすってましたね(-_^:)

この頃の流行は、お蕎麦を塩で食すってやつのようですが

私は蕎麦つゆにくぐらせて食べるのが好き♪

蕎麦湯もいただいて、はぁー満足☆

と、言った尻から(笑笑笑)

最後に蕎麦ういろうのきんつばと蕎麦アイスをいただきました。

予め作ってある蕎麦ういろうに、ゆるく溶いた生地を付けて

目の前の鉄板で焼いてきんつばにしてくださいます。

温かい蕎麦茶をすすって、ほっこり☆

ふぅー・・・・・・・・・(*^_^*)

 

お恥ずかしい話ですが

普段は何せ、ドタバタとギリギリまで仕事して

短時間で食材をバサバサバサッと買い込んで

ダダダダダッと切って

一鍋で全部の食材を煮込んだり、炒めたりする超時短料理が基本の我が家f(^ー^;

もう一手間かけると、グンと味が良くなる工程を知っていても

すっ飛ばして調理してますからね。

こんな風に丁寧に下拵えしたお料理は

本当にありがたくて贅沢な美味しさだなぁ・・・としみじみ。

 

またこんなご馳走が食べられるように頑張るぞ!と気力が湧いてきます☆

今度は、この写真を見て「美味しそう〜」と悶絶中のスタッフF本と伺いますー(笑)

美味しかったです、ごちそうさまでした<(_ _)>

 

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog1.koha-star.com/trackback/1421497
TRACKBACK