京都の乙女文化発信クリエイター、koha*のブログです。
<< 暑さ寒さも彼岸まで☆ | main | 秋の休日☆ >>
工場見学☆

 

薄曇りの秋の一日。

スタッフF本と一緒に、斑鳩の注染工場さんの見学に行って来ました。

 

王子駅では聖徳太子の愛犬である何ともシュールな"雪丸"氏がお出迎え。

この雪丸君は、かわいいゆるキャラ系の子もいれば

石材屋さんの手による、こんなガチ系(爆)もいますが

私はこの石材雪丸にぞっこん!

可愛さの闇と悲哀に溢れて、何だか目が合ったら離せない感じ・・・

 

さて、まずはお昼ご飯。

腹が減っては見学は出来ませんからねッ(笑)

此処にたどり着くまで結構な珍道中だったのでお腹も随分減りました。

F本の希望は和食につき、駅のビルのおうどん屋さんへ。

二人とも何故か、釜飯セットにしました。

余談ですが、奈良って何故か釜飯屋さんが目立つ気がするのは気のせい?

数十年前に奈良へ行った時も、釜飯を食べた記憶があります。

この間、スペイン料理人さんとお話しした時も

奈良で何故か釜飯を食べたと言うたはりました。

「何で奈良で釜飯なんだろう?」と思いながら食べたって(笑)

ま、ともあれ、おこげも香ばしく具だくさんでとっても美味しかったです(^-^)

 

そこから大和川を越えて歩くこと約20分。

注染工場が見えてきました☆

 

ざっくり言うと

注染とは色を染めたくないところを型紙を使って糊引きし乾燥させた後に

糊で土手を作って染料を注ぎ色を吸い込ませて染める方法です。

布の芯まで染まり、裏表のない布に染まります。

手拭いや浴衣などに適した染め方です。

(※9月29日追記

注染の技法で作っていただいているのは、弊社オリジナルの手拭いの他、

お取り組み先様からのオーダー手拭いのみです。

koha*オリジナルファブリックやkoha*の小紋などは京都で作っていただいてます。)

 

伺った日は暑すぎず寒すぎずの程良い気候だったけど

きっと夏は猛烈に暑くて、冬は激烈に寒そう・・・

この過酷な環境で染めてくださってるんだなぁ。

本当にありがたい☆

 

 

この日は染め上がって洗った後の製品がなかったのですが

奥の背の高い棟で天井から吊して干しているところは壮観だろうな〜!

石灰と糠の粉で染料止めしたり(ひっくり返す時に粉が飛び散ります)

水分を含んだ布を扱うのも重労働。

職人さんの中には若い女性もいらして感動しました。

大変なことも多い仕事だろうけれど、続けてくださると嬉しいなぁ・・・

お忙しい中、工場見学させていただきありがとうございました。

 

見学を終えて、往きとは違う道を駅に向かってGo♪

長閑な河原沿いの道を歩き、ちょっと横道へ入ると

大きな瓦会社があって、界隈の住宅の瓦の立派なこと!

揚羽蝶のカップルもひらひらと愛を語り合っていました。

 

 

往きは近鉄、帰りはJR。楽しい工場見学でした☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog1.koha-star.com/trackback/1421483
TRACKBACK