京都の乙女文化発信クリエイター、koha*のブログです。
<< 地震お見舞い と スイカの帽子☆ | main | 大人の遠足☆ >>
桃色の夏至☆

 

夏至も過ぎ、これからは少しずつ日が短くなり秋へ向かってゆく。

空気はのんびり屋さんなのか(笑)

もう秋に向かい始めているこの季節から

やっとジリジリと本気で温度を上げてくる。

 

去年の今頃、父は理髪店で頭を丸めた。

ほどなく、それなりの介護を必要とするだろう予測の元、

出来るだけ手間を取らせないようにとの気遣いから。

随分、気の早い準備だな・・・と思ったものだが

微に入り細に入り完璧な計画と抜かりない準備が好きな父には

遅過ぎるくらいだったのかも知れない。

 

祖母のアルバムに残る、幼い頃の父は坊主頭だが

私達姉妹が生まれてから、というか

母と出逢う前の青年時代には髪を蓄えていたため

リアルな父の丸刈りを見たのは初めてだった。

 

「格好良いやん!お姉ちゃんに写真送ろう〜っと。」

そう言いながらスマホを構える私に

両脇に母と妹をたずさえ、父はそれなりのキメ顔で応えてくれた。

 

その写真を私は姉には送れなかった。

父は、父が思うほどに、ちゃんと微笑めていなかったし

瞳の奥の力も、随分と弱まっていたから。

代わりに「これからはちょくちょく京都に戻って来てな」とメールした。

 

そんな事を想い出した、平成三十年の夏至の空。

七時を過ぎてもまだまだ明るい、桃色の六月。

 

水色の好きだった父だが、今の私くらいの年齢の時には

意外にピンクのシャツも着こなしていた記憶がある。

 

今頃、桃色の雲の上で野球中継を観ながら

一杯やっているかも知れないなぁ。

 

そう思い巡らす私の足取りは、桃色のように柔らかく弾んだ。

 

 

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog1.koha-star.com/trackback/1421462
TRACKBACK