京都の乙女文化発信クリエイター、koha*のブログです。
<< koha*オリジナルファブリック、続々☆ | main | 濱登久さんに行って来ました☆ >>
蕎麦割烹・龍さまのレセプション☆

 

立春もとうに過ぎてなお小雪ちらつく土曜となった昨日。

 

富小路通三条下ルに在る、ホテル・シャラガム一階に

2月19日にオープンする

『蕎麦割烹・龍』さまのレセプションに寄せていただきました♪

 

本店というか旗艦店にあたる『京甲屋(きょうかぶとや)』さまと同じく

弊社にてショップカードやお名刺など

印刷物を作成させていただいています☆

 

"蕎麦割烹"と名乗られるこのお店は

蕎麦前も食べられる手打ち蕎麦屋さんというだけでなく

本格的な割烹料理がいただけて

尚且つ、本格的な手打ち蕎麦も食べたいという

欲張りな気持ちを満たしてくれるお店です。

 

本日のメニューをツラツラっと並べますね。

(レセプションメニューにつき、通常の料理という事ではありません)

 

まずはトップ画像の名物「十味(とみ)箱」。

富小路(とみのこうじ)の通り名にちなんだ、十種類のお料理を

檜の箱に敷き詰めた名物前菜箱。

 

胡麻豆腐、花山葵お浸し、茄子翡翠煮、手毬寿司、芹と近江蒟蒻の白和え

地鳥西京焼き、帆立貝のしんじょのフライ、淀大根含め煮ゆず餡

湯葉と海老葛煮、鰆の塩焼と菜の花土佐酢ジュレ。

実に盛り沢山。多彩な味に、温かさや冷たさのメリハリも嬉しい☆

 

蕎麦焼酎の蕎麦湯割りなんてオツな飲み物もありますよ。

 

まぐろのお造り、山芋、防風

よく「○○づくし」のお料理があるけど

何づくしでも、ちょこっとお造りが食べたい時、ありませんか?

私は食べたい派なので、この一品はとっても幸せ♪

 

鯛飯蒸し茶巾、小芋、菊菜、梅麩

鯛飯を生かす葛あんのとろみ加減に心もほっこり(^^)

 

温かいのと冷たいのから好きなお蕎麦を選びます。

社長兼旦那(笑)は温かい鴨葱蕎麦。

 

私は、冷たいお蕎麦に大根おろしとかつお節をのせた越前蕎麦を。

少し細めに切られたお蕎麦に

お出汁が利きつつやさしい味わいの蕎麦つゆがぴったりでした。

 

最後の甘味は、蕎麦ういろう♪

もちっとした歯応え、ほんのり蕎麦の香味、黒みつの甘み。最高☆

 

『京甲屋』の大将の前々職時代からの後輩さんが

料理長としてデビューされるお店です。

 

どうぞ御贔屓に♪

 

蕎麦割烹・龍・・・Phone : 075-252-5030

 

京都市中京区富小路六角上ル朝倉町534

ホテル京都シャラガム1階

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog1.koha-star.com/trackback/1421429
TRACKBACK