京都の乙女文化発信クリエイター、koha*のブログです。
朗読専用rLabo.(アールラボ)OPEN☆

 

昨年、弊社にてロゴマークを手掛けさせていただきました

一般社団法人 朗読表現研究会、rLabo.(アールラボ)さま。

 

本日めでたくオープンと相成りました☆☆☆

こちらの朗読発表会場も嬉しいご縁で弊社にて設計させて頂きました。

 

 

 

昨日、代表の佐野真希子さんから

とても嬉しいメッセージをいただきました(*^-^*)

 

弊社に設計依頼いただく前に

何名かの工務店さんや設計士さんに希望を伝えて相談したけれど

「それは無理」

「出来ません」

と、さんざん打ち砕かれて

ああ、やっぱりこの物件をこんな風に改装して使いたいっていうのは

絶対無理なんだなぁ・・・と半ば諦めていたけれど

弊社建築士(社長兼旦那、笑)のプラン図面を見て

「え?これも出来ちゃうの?!」「こんなことも可能なのっ???」と

俄然希望が湧いてきたのです・・・と。

大きくはないこの場所、

こんなにも自分たちの思いを実現させてくれたことに

本当に本当に感謝します・・・と(*^-^*)

 

コロナ禍でさまざまな部品の製造がストップしたり、流通に支障を来したりと

当初予定より随分遅れての完成となりましたが

喜んでいただける仕上がりで引き渡せた事は

私達にとっても何より嬉しいこと☆

施主様にも

形にしてくださった職人さん達にも、こちらこそ感謝&感謝です!

 

朗読を始められてから20年来の夢の朗読発表会場。

まだまだ長い戦いになりそうなコロナ禍のもと細心の注意をはらって

こけら落としに挑まれます。

 

私は昨夏、(この専用会場ではない場所で)朗読会初体験だったのですが

大道具・小道具等何も無いのに

手に取るように、情景が頭の中に広がるのは新鮮な驚きでした。

演劇を鑑賞しているのでも、演奏や歌を聴いてるのでもなく

うーん、その間というのとも、ちょっと違う感じ・・・

 

百聞は一見にしかず。興味を持たれた方はマスク必携で会場へGo!

 

この劇場から

朗読をめぐる世界が豊かに広がってゆくことを願っております(^-^)

 

rLabo.様、おめでとうございます☆

 

 

 

季節の花便り☆

 

百日紅の季節になりました。

最近は色んな種類の百日紅を見かけますが

私が小さい頃からよく見かけたのは、葉っぱも丸くて

この写真のピンクから、もっと赤みの強い濃いピンクの種類。

 

この頃は葉っぱ長めでが尖っていて、花は白とか青みの強い薄桃色のものを

街路樹なんかでも見かけます。

15年近く前に植えられた烏丸通りの中央分離帯や

三条烏丸のスタバ脇の植栽も百日紅なので、私には馴染みのある夏の花。

 

ちなみにスタッフF本は青めの薄桃花が、百日紅の原型と思っていたそう。

生まれ育った時代と場所の違いなんでしょうね。

 

たとえば2050年の百日紅の標準色は何色なんかな?

その頃、私はきっと空から地上の花々を愛でているに違いなかろう(笑)

 

 

前の日記にも登場したJR太秦駅のしもつけ。

この花は盛りが長くて、小さくてもいつも元気いっぱい。

可愛い花やなぁ〜と散歩の度に笑顔になります(*^_^*)

 

花ではないけど、青々した柿の実。

まだまだ硬くて小さくて、葉っぱのふりでもしているかのよう。

そう言えば、花が咲いている季節には通らなかったな・・・

 

先月から色んな仕事が舞い込んできて嬉しい忙しさ☆

資料作ったりサンプル作成したりとスタッフ共々バタバタしています。

 

美味しくて元気の出る物もしっかり食べて免疫力アップも忘れずに・・・(*^^)v

 

店頭のお客様はまだまだ少ないけれど

オンラインストアのkoha*shop晴雨兼用傘が大人気です♪

嬉しや・・・! 

あと1,2点で完売の商品も多いので

気になる方は是非お早めにお求めくださいね〜!

 

最後は昨日の夕焼け空をどうぞ☆

 

 

 

 

 

あじさい時☆

 

今週は、取組み先の"懐かしい"バイヤー女史と商談がありました。

正確に言うと『商談は2割・四方山話が8割』のような良い&濃い時間でした☆

 

絶妙なタイミングでの御縁が幾重にも連なっていて

導かれているような不思議さに感謝しつつ

多分、志の熱量や方向性が似ていて

引き合うっていうことなのかなぁ?とも感じました。

 

時代や時流もすっかり代わり

みんな等しく歳を重ね

東日本大震災後の出会いから8年経っての再会。

本当のところ「何故、こんなところで?!」というような

約一週間滞在の出張先で出くわしたり

思い出してくださって、お電話を頂戴した事もあったので

丸々8年、接触がなかったわけでは無いのですけど・・・

 

良い形で実現出来るように色々仕込み中。

皆様にもいつか御報告出来ますように・・・☆

 

それにしても十年一昔と言われるように

改めて10年近く経つと状況がごろっと変わるもんだなぁと感慨深くもあり。

 

十年も経てば、乳飲み子だって就学したり

ちびっ子だって成人になったり

結婚や出産なんかのお目出度い事があったり

親や老犬の介護や看取りがあったり

大切な人との別れがあったり

大病を患ったり、勤務先の体制が変わったりという

個人個人の変化もあれば

戦争や自然災害や疫病の蔓延など社会全体の状況の変化もあったり。

十年ってあっという間だけど、かなり濃いよなぁ・・・と、いつも思います。

 

まぁでも、何というか

いつも何某かの方法で切り抜けては

時代は脈々と続いているんですものねぇ。

こうして改めて考えると、すごいことですよね。

 

大き過ぎて深過ぎて、軽い言葉でしか言えないけど

それぞれの分野の最先端で努力してくれている人々のおかげと

感謝の心を忘れず、少し先も見据えつつ黙々と今を生きている

普通の人々のおかげで、危うくもちゃんと保っているんだなぁ・・・

 

私も歳をとりましたねf(^-^;)

今より少しでもまともな状態に戻して

次の世代に繋がなくちゃと

誰に頼まれたわけでもないけど、最近はそんな使命に駆られています(笑)

 

梅雨らしいお天気が続きますが

皆様も、どうか御自愛ください☆

 

我が社も我が家も、がんばりま〜っす(*^-^*)

 

 

 

 

 

足元涼やか♪下駄の季節がやって来た☆

 

今日は午後から雨が降り出しそう。

この雨が梅雨を連れてくるんでしょうね。

今年はちょっと早めなのかな?

 

先週から「晴雨兼用傘 & 晴雨兼用折り畳み傘」「京扇子 「下駄」

koha*夏の三種の神器がたっくさん旅立ってくれています〜\(^O^)/

 

それぞれリピーター様が多いのも嬉しい特徴♪

現在お手持ちのものが、何にでも合わせ易い色目の場合は

新しくインパクトのあるタイプを選ばれて

最初にアクセントになるものを選んでくださった場合は

次は汎用性の高さ重視で決めてくださる感じです(*^_^*)

 

さてさて、本日フォーカスするのは「koha*の下駄」

 

和服だけでなく、洋服に合わせてもお洒落で可愛い履きもの。

広幅の鼻緒も前ツボもクッション性が高くて

下駄擦れしにくいのも嬉しいところ!

そして、足裏がのっかる基礎部分の木も

足の形に添うようにやさしいカーヴに削られていて

包み込んでくれているようなフィット感が得も言えず心地良いのです☆

 

 

静岡の老舗下駄メーカー『みずとり工業』さまとの出会いは2012年。

koha*を取材してくださったNHK WORLD JAPANの放映を

英国でご覧くださった方のご紹介で

当時の水鳥工業専務から協業のお話しをいただき現在に至ります(*^^)v

 

夏のお祭や大きなイベントは見送りになるものが多いけれど

いつものお出かけやお散歩や夕涼みも

心の持ちようでお出かけ気分は高まるもの。

たくさんの方々の「お出かけ気分」のお伴にしていただけますように☆

 

 

 

 

 

 

 

 

大ヒット御礼♪大きなショルダーポーチ☆

俳句に『山笑う』っていう季語があるけど

今週の始まりは『街笑う』が似合うなぁ〜と感じました。

 

しーん・・・と静まりかえっていた街に

ぽつりポツリと生活の灯がともるというか息づかいが蘇るのが

通りを歩くだけで感じ取れます。

 

久しぶりに営業再開されたお店の前を

もくもくと掃除中のスタッフさんも何だか嬉しそう(*^_^*)

 

もちろん家に居ながらでも、職種によってはある程度仕事は出来るし

家庭の中の仕事だって立派に社会を支える仕事だけど

家の外に本来の職場がある人にとれば

その場所に立てて、そこで職務を全うできる状態に戻れるのは何より。

 

第2派、第3波が来ないように、たとえ押し寄せて来ても

初回の波より各々が賢く対応出来ますように〜!!

 

うちのお店も、まだ月・木・土曜のみで19時までの時短営業中。

まだまだ街中に人は少なく、ネットでお買い物してくださる方が多いです。

 

↑↑↑ショルダーポーチ(ラージサイズ) 『ひらけ!ゴマ』

合わせているのはボトルネックトップスギャザースカートの

『Don't let me far so♪(ド・レ・ミ・ファ・ソ♪)』

 

只今の一番人気は晴雨兼用傘ですが

2番目は大きなサイズのショルダーポーチ

3月の金沢でのPOP UP STOREでも早々に完売してしまった製品です。

とってもリクエストの多かった色柄を追加生産したイチオシ揃い!

 

すっごく可愛いけど、バッグに柄があると、無地の服しか合わないよね・・・

と、コーディネイトに悩む方も多いようですが

色味や雰囲気をリンクさせると、あら不思議☆

意外に何でもアリなんだなぁと実感していただけると思います(*^^)v

 

 

↑↑↑ショルダーポーチ(ラージサイズ)『盆暮れ(Bonne creer)』

合わせているのは無地の半袖プルオーバー同柄の裏付きのタックスカート

 

 

↑↑↑ショルダーポーチ(ラージサイズ)『ほうれん草数列』

合わせているのはフレンチ袖チュニックの『ムーンリバー』

 

↑↑↑ショルダーポーチ(ラージサイズ)『松虫草グリーン』

合わせているのは同柄のボトルネックトップス

同色のストライプギャザースカート

 

最初は、自分の出張時にホテルの朝食バイキングとか

乗車中にトイレに行きたい時とか(笑) 店頭に立つ際etc.

貴重品と筆記具なんかが入るバッグがあると便利だな。と作ってみましたが

エコバッグ入れて普段の買い物とか、小結の散歩とか(笑)

何かと役立つバッグだと、自分でも驚くほど大活躍♪

 

ベーシックな色柄も遊び心溢れる色柄も揃いました!

ショルダーポーチのページはこちら

ポーチ各種の中の ショルダーポーチのページです。

 

バッグ各種のページではないのでご注意くださいね<(_ _)>

ややこしくて申し訳なりませぬ・・・

 

是非、お気に入りを見つけて

やがて来るお出かけ日和に想いを馳せてみてくださいね(*^_^*)

 

 

 

 

 

なつぞら☆

気持ちの良い夏空が続きます。

「早く心置きなくお出かけできるようになってくれよー!」と

祈るような気持で、食料や日用品を買いに行く日々です☆ (散歩もね!)

 

紫外線ジリジリになるとkoha*shop晴雨兼用傘の人気も急上昇♪

 

只今人気の色柄は

蒼空・アジュール、

ひらけ!ゴマ・ピーコック

How many faces?キモノブルー

 

koha*の晴雨兼用傘は雨傘のテストにも合格している防撥水性と

淡い色でも紫外線遮蔽率91%以上(濃色ほど99%に近づきます)なので

雨にも陽射しにもしっかり対応出来る性能が自慢です☆

 

ムシムシと暑い日本の夏には、爽やかで気分が上がる感じが好き♪と

軽やかな色柄をお探しの方には

糖刀議会・バナナ

美人姉妹・サマーシャドウ

ほうれん草数列・フレッシュ

などの元気の出るものが人気ですよ(*^^)v

 

お出かけが遠のいている日常ですが

「傘が届いて気持がパァーッと晴れました」というお言葉をいただけると

私達も元気が出ます☆

是非、お気に入りを見つけてくださいね!

 

さて、我が家の小結。

相変わらず、外階段のてっぺんにて日光浴三昧の毎日です(*^_^*)

足デカイぞ・・・肉球もデカイぞ(-.-;)y-゜゜

 

そして、お友達と会えなくても、笑顔の毎日☆がんばっております。

 

この間の営業日には

EL BOGAVANTE346さんのパエリアランチと濃厚プリンをいただきました☆

美味しかったな〜〜〜!

 

明日は久々の椿ラボ京都営業日。

じっとしてる間に、もうすっかり夏めいてますね・・・

 

この間の出勤日、ディスプレーしている洋服を夏仕様に着替えさせている私に

「こんなに可愛いのに、あんまり沢山の方には見てもらえなかったですねぇ」

と、残念そうに呟いたスタッフF本。

私自身も残念やなぁ、悲しい&悔しいなぁ〜と思いつつ一切口には出さず

「よっしゃ!夏っぽい服に替えよう〜っと」としか言わずに作業しましたが

こういう気持をちゃんと共有出来るスタッフが身近に居てくれることは

ありがたいことやなぁ、財産やなぁ〜と思います。

 

明日もがんばろ〜☆

 

 

 

 

 

桜咲く☆

 

言いたいこと、色々あるけど

今年も桜が咲きました☆

 

まだ桜が咲きそうにない地域の皆さまも

web花見を楽しんでくださいね(*^-^*)

 

昨日打合せ前に通った神泉苑。

 

遠くに二条城。

 

桜モリモリ!

 

御射山公園。

きれいだな〜

 

青空が背景だと、なおのこと美しい・・・


 

微妙に種類が違う桜が混ざってるんだろうけど

細かいことはわかりません〜<(_ _)>

 

母校、蜂ヶ岡中学校の桜も美しく咲きました☆

 

来年の桜。

心から晴れやかな、穏やかな気持ちで眺められるといいな(^-^)

 

 

『こはのふりそで・紅白椿文様』☆

koha*の振袖を誂えさせていただいたお客様から

先日、成人式のお写真を頂戴しました。

 

二年前にお姉様が着用してくださった『こはのふりそで・紅白椿文様』を

令和二年の今年、妹様がお召しになった晴れ姿☆

 

漆黒地に紅白の椿が大胆に咲いた振袖を

モダンに、クールに、堂々たる華やかさで着こなしてくださり

もう…大感激&感無量…

 

お母様から受け継がれた帯の色とリンクした、金色の髪の潔いボブ。

後れ毛や髪飾りを活かすのが主流の時勢に、地毛の魅力オンリーの強さ!!

 

お姉様は、二年前に正統派の古式ゆかしい着こなしを披露してくださり

端正な美しさに、本当に、いたくいたく感動しました☆☆☆

お姉様の締めておられる帯もお母様のもの。

こうやって、大切に受け継がれていく"物"に宿った

家族を思う気持ちや、成長を喜び寿ぐ気持ちや

それをまた次の世代に繋ぐ気持ちこそが、形には見えなくても

最も尊くて大切なことなんだろうなぁとしみじみ。

 

大人として歩き出す大切な門出。

本当におめでとうございます☆

その大いなる一歩を「こはのふりそで」で力強く踏み出していただけて

私も、自分自身の情けない成人の第一歩を

今更ながら取り戻させてもらっている感じです。

 

孫達の成人祝いにと、孫全員分のご祝儀を貯めてくれていた母方の祖母。

「気に入った振袖でも買いよし」とポンッと気前よく渡してくれた大金を

振袖ではなく

二十歳の自分にしかできない個展を開くことに使わせて貰った私。

振袖を着るより、振袖を作る側の仕事をしたいなぁと言い放つ私に

(まさかそれが実現するとは微塵も思っていなかったけれど)

二つ返事で背中を押してくれた祖母。

 

こうやって、koha*の振袖を注文してくださる方々を通して

祖母との不確かな約束を、それなりに叶えられたんじゃないかな?という

ありがたいありがたい慶びも、私はいただいてます。

ありがとうございます。

 

どうか、皆さまの未来に幸あれ☆

心から、おめでとうございます(*^_^*)

 

過去の振袖の話は、こちらをどうぞ(^-^)

http://blog1.koha-star.com/?eid=1421423

 

 

"私自身は振袖を着ませんでした"という

大人になりきれてなかった青くて苦い話は、こちらをどうぞf(^ー^;

http://blog1.koha-star.com/?eid=1421342

 

大倉陶園『華めく洋食器』プレミアム鑑賞会に伺いました☆

 

薄曇りの冬空の下、細見美術館で開催された

『華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化』展

プレミアム鑑賞会に伺いました。

 

創業から震災や戦争を経て尚、『良きが上にも良きものを』を社是に

美術工芸品としても通じる、世界最高水準を追い求め続けられる企業。

招待いただき伺う前から胸が高鳴りました♪

 

一昨年の秋にも東山の長楽館で拝見した数々の器もありましたが

今回は歴々の皇室の御誂え食器や

財界人、老舗ホテルや老舗パーラー

有名レストランに納められた磁器が時代背景と共に愛でられる構成で

前回とはまた異なる見応えも充分☆

 

 

ラストエンペラーとしても知られる清朝最後の皇帝・溥儀を

迎えるにあたり奈良ホテルで揃えられた岡染めのディナーセット(撮影失敗)や

資生堂パーラーの御誂え食器も。

 

個人的には、平面図の状態の下絵やデザイン画が

実際に商品化され、立体物として完成した時の違いが興味深いなぁ・・・!

 

展示も素晴らしかったけどお茶席にも感激しました☆

 

 

茶室・古香庵では、この2時間の茶会のためだけに床の間に掛けてくださった

鈴木其一の「白椿に鶯図」のお軸が出迎えてくれるという

(レプリカでなくてオリジナル(@0@))贅沢さ。

揃いの茶道具も麗しく、白椿の奥ゆかしさと金色の対比にうっとり。

 

もてなしてくださったのは大倉陶園の社員さん。

(高校時代の同級生で、私と同じく元不良?茶道部員、笑)

華やかさと落ち着きのある品の良い着物姿が素敵!!

着物も帯も、着こなしも素敵で

何より佇まいがとってもとっても美しく惚れ惚れしました(*^-^*)

 

と〜さんは萩焼、私は黄瀬戸でお薄を頂きました☆

茶菓子も美味しゅうございました。

 

心高鳴る、めくるめく美しさと技術を一望出来る展覧会。

ご興味のある方は是非現地で体感してみてくださいね。

 

++++++++++++++

 

細見美術館のある岡崎界隈は

小さい頃から、よく父に連れて来てもらったところ。

 

昔から、京都市美術館、図書館、動物園、勧業会館等々

色んな施設が集まる、憩いの文化ゾーンでした。

私は暇があったら絵を描いてる子供だったので

面白そうな美術展がある毎に「日曜日にはこれ観に行くぞ!」と

自転車(笑)で連れ回してくれた父を想い出し

ふふふ…と口元がほころび、あったかい気持ちになります。

 

今はロームシアターになっている京都会館も

小学校の頃は親子映画観賞会とかコンサートで来ましたねぇ。

美大生の頃には、友人達と動物園に通いスケッチしたり

美術展巡りをしてレポートを提出したり。

進級制作も卒業制作も、展示会場が京都市美術館だったので

事ある毎に訪れていた地域ですが

大人になってからは少し疎遠になっているかも…

来る度に「ああー・・・やっぱりええとこやなぁ」と感動するのですが。

 

京セラ美術館としてリニューアルオープンを控えた

京都市美術館も殆ど出来上がっていました。

 

歴史的な洋館建築の横に、現代的素材と造形美。

それだけでも面白いなぁと感じるけど

そこに意表を突くスケール感の朱色の大鳥居が在る不思議さ。

 

空が広くて抜け感があって

そのすべてが過不足無く受け入れられている大らかな風景。

散歩するだけで、気持ちがほぐれて元気が出ます。

 

最後は、真横から見た『鳥居に見えない鳥居』をどうぞ〜♪

 

 

 

 

さよなら、こんにちは☆

 

木々が美しく色づいています。

この季節。

朝一番のピリッとするほどの寒さの中

さほど高くない山々が

鮮やかに彩られるのを眺めるのもオツですが

何と言ってもマジックアワーの紅葉が最高に好きです☆

我が家のネコニワ(猫の額ほどの庭、笑)の花水木も華やかにお化粧。

 

さて・・・

先日、大好きだったお店が契約の都合上、営業終了されました。

2001年から取りかかって、翌年2002年2月にオープンされたお店。

 

2007年以前は、弊社がまだ会社組織になる前。

と〜さんの設計事務所のバイトから社員になってくれたスタッフ君や

スタッフ君の後輩達がほぼ徹夜で模型を作ったり

一晩掛けてCGのレンダリング作業してくれていた物件。

今だとブラック企業判定がくだりますね、きっとf(^ー^;

 

京町家を改装した、その炭火焼きと鉄板焼きのお店は

17年間の長きに渡り愛されて最終日を迎えられました。

 

私達は最終日前夜に訪問。

満席モリモリ☆状態のお店を見渡して

あらためて、きっと沢山のお客様にとって

「いつもちゃんと美味しくて気持ちの良いお店」

「間違いないお店」だったんだなぁと感無量でした。

満席の店内を写すことも出来ないので

こっそりトイレの壁面だけ記念撮影しました(笑)

 

スタッフや友人や取引先の方々とも伺ったり

父が元気なうちに・・・と家族揃ってご飯を食べたこと。

父が旅立ってからは、父が生前作った器を使って料理していただき

うれし涙の母を囲む、あったかいご飯会を開催出来たことも。

色んな想い出が溢れる大好きなお店。

 

独立してから、まだそんなに経験を積んでいなかったうちの事務所に

店舗設計からロゴマーク、販促ツールなどのデザイン全部を任せてくださった

手がけることが出来る喜びと共に「責任重大!」と震えるほど

当時の経験値からすると、驚くばかりの大きな店舗でした。

 

あらためて、しみじみと「ありがとう☆」とお店を後にしました(*^_^*)

 

大のお気に入りだった御幸町純心軒さんは無くなりましたが

新たな場所で、新たな業態で営業されるべく只今絶賛工事中。

来月頭にはオープンされる予定です。

また報告させてくださいね♪

 

そして、その2日後に

40年近くになる付き合いの友達とご飯食べに行ったのは烏丸DUEさん。

御幸町純心軒さんのレセプションでは

お母様と一緒に出席されていた小学生だった男の子が

今では、こちらの厨房で腕をふるっておられます。

17年も経つと何というか・・・こういうこともあるんですね。

 

時の流れは、物理的にはみんな同じだけど

きっとそれぞれの笑いあり涙ありの17年があったわけですな。

 

若い頃は、新しい出会いが山のよう。

この歳になると、もちろん新たな出会いもあるけど

もう会えなくなる方がどんどん増えるのも事実。

今年も喪中ハガキが毎日届く季節になりました・・・

 

寂しいなぁとか悲しいなぁと思うことも沢山あるけど

会えなくなったことを悲しめるほどの人と出会えて

いい時間を共に過ごせた事を喜べるようになりたいなぁと

さんざん悲しんだ後に、いつも自分に言い聞かせます。

 

人だけじゃなくて、物やお店や家や街並みなんかもきっとそうですね。

 

さて年末から春にかけて

また沢山の「はじめまして」と「こんにちは」が待っています。

気持引き締めてがんばりまーっす(^-^)ゞ