京都の乙女文化発信クリエイター、koha*のブログです。
工場見学☆

 

薄曇りの秋の一日。

スタッフF本と一緒に、斑鳩の注染工場さんの見学に行って来ました。

 

王子駅では聖徳太子の愛犬である何ともシュールな"雪丸"氏がお出迎え。

この雪丸君は、かわいいゆるキャラ系の子もいれば

石材屋さんの手による、こんなガチ系(爆)もいますが

私はこの石材雪丸にぞっこん!

可愛さの闇と悲哀に溢れて、何だか目が合ったら離せない感じ・・・

 

さて、まずはお昼ご飯。

腹が減っては見学は出来ませんからねッ(笑)

此処にたどり着くまで結構な珍道中だったのでお腹も随分減りました。

F本の希望は和食につき、駅のビルのおうどん屋さんへ。

二人とも何故か、釜飯セットにしました。

余談ですが、奈良って何故か釜飯屋さんが目立つ気がするのは気のせい?

数十年前に奈良へ行った時も、釜飯を食べた記憶があります。

この間、スペイン料理人さんとお話しした時も

奈良で何故か釜飯を食べたと言うたはりました。

「何で奈良で釜飯なんだろう?」と思いながら食べたって(笑)

ま、ともあれ、おこげも香ばしく具だくさんでとっても美味しかったです(^-^)

 

そこから大和川を越えて歩くこと約20分。

注染工場が見えてきました☆

 

ざっくり言うと

注染とは色を染めたくないところを型紙を使って糊引きし乾燥させた後に

糊で土手を作って染料を注ぎ色を吸い込ませて染める方法です。

布の芯まで染まり、裏表のない布に染まります。

手拭いや浴衣などに適した染め方です。

(※9月29日追記

注染の技法で作っていただいているのは、弊社オリジナルの手拭いの他、

お取り組み先様からのオーダー手拭いのみです。

koha*オリジナルファブリックやkoha*の小紋などは京都で作っていただいてます。)

 

伺った日は暑すぎず寒すぎずの程良い気候だったけど

きっと夏は猛烈に暑くて、冬は激烈に寒そう・・・

この過酷な環境で染めてくださってるんだなぁ。

本当にありがたい☆

 

 

この日は染め上がって洗った後の製品がなかったのですが

奥の背の高い棟で天井から吊して干しているところは壮観だろうな〜!

石灰と糠の粉で染料止めしたり(ひっくり返す時に粉が飛び散ります)

水分を含んだ布を扱うのも重労働。

職人さんの中には若い女性もいらして感動しました。

大変なことも多い仕事だろうけれど、続けてくださると嬉しいなぁ・・・

お忙しい中、工場見学させていただきありがとうございました。

 

見学を終えて、往きとは違う道を駅に向かってGo♪

長閑な河原沿いの道を歩き、ちょっと横道へ入ると

大きな瓦会社があって、界隈の住宅の瓦の立派なこと!

揚羽蝶のカップルもひらひらと愛を語り合っていました。

 

 

往きは近鉄、帰りはJR。楽しい工場見学でした☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この秋の新柄&新商品☆

日中は汗だくの毎日ですが、朝晩の涼風に「ああ、夏が終わる」と

少々感傷的にもなる季節。

この感じ、割と好きです(笑)

 

さて☆

 

9月1日(土)より、秋の新作布を発表する

koha*の世界展vol.23三条烏丸の椿ラボ京都にて始まります。

 

今回の2柄は『la vie☆LOVER(ラヴィ*ラヴァ)』と

『Don't let me far so♪(ド・レ・ミ・ファ・ソ♪)』。

どちらも昨夏から昨秋にかけて描いた文様です。

『la vie☆LOVER(ラヴィ*ラヴァ)』は、

二百十日前後の台風の季節にも

細い茎で食いしばるように咲くコスモスの

一見儚いながらも実に逞しくしなやかな在り様に

私達もこんな風に生きられたら・・・という想いを込めて。

 

『Don't let me far so♪(ド・レ・ミ・ファ・ソ♪)』は

父の好物だった"お蕎麦"を何かの形に残したく

蕎麦の実の音符にも、ささやかな願いを込めて(*^-^*)

いやはや何とも

手前味噌な2柄ですが、是非ご覧になってくださいね♪

 

そして新柄だけでなくリクエストの多かった

『斜め掛け出来る、財布とスマホくらいが入るバッグ』ということで

ショルダー付きのご朱印ポーチ『ショルダーポーチ』も新登場☆

お財布、スマホの他、ハンカチや老眼鏡、もちろんご朱印帖も入ります。

ファスナーも付いているので安心感も◎。

 

少しずつ展開柄を増やしていけたら・・・と思います。

まずは新柄も含めた、万能な3柄からスタートします。

どうぞ御贔屓に☆

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

koha*の世界展vol.23

 

2018年9月1日(土)---9月17日(月)

三条烏丸西入ル北側(三条両替町北東角)

文椿ビルヂング 1階奥 椿ラボ京都にて

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

koha*shop

http://koha.shop-pro.jp/

 

2004年デビュー☆

メイドイン京都の麗しい布と言えば、koha*オリジナルファブリック♪

 

 

 

Go!5!!ISETAN 2018 koha*pop up store始まりました☆

 

昨日より新宿伊勢丹本店5階にて

Go!5!! ISETAN koha*のポップアップストアが始まりました☆

ISETANさまのプレスリリースはこちら

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000755.000008372.html

 

早々から沢山の方々にご来店いただきありがとうございますー(*^^*)

 

今週は販売のプロフェッショナルであるイセタンガールズの皆さまが

来週水曜日8月1日(水)から7日(火)までは

販売はどんくさいながらもデザインした本人である私が加わり

皆さまに新作を初めとした渾身セレクトの品々をご覧頂きます☆

 

好評の『着るkoha*(キルコハ)』には、待望のビッグシルエット(Lサイズ)も初登場!

今まで以上に風をはらませてワンピースやチュニックを

着心地良く楽しんで頂けますよ(^^)v~♪

 

 

昨今増えてきた日本製の傘や、柄物の日傘や晴雨兼用傘

2004年デビューしたkoha*では、

2009年から既に、他では類を見ない楽しい色柄の傘を

世に問うために仕込んで参りました。

京都で一番腕の良い傘職人さんと二人三脚で作ってきた

自慢の逸品である晴雨兼用傘も、今までに無いボリュームで販売しております。

是非、この機会にお手に取ってご覧くださいね。

 

他にも、A4ファイルや楽譜・半紙が入ると評判のバッグや

縦長フォルムが使い易いと人気の御朱印ポーチ、

3種類のサイズに対応したブックカバー、

入れ替えるだけで簡単にお部屋のイメージチェンジが出来るクッションカバー、

お部屋の間仕切りやストール替わりにもお使い頂けるフリークロスetc.

あると嬉しいアイテムをたくさん揃えております。

 

皆さまお揃いで遊びに来てくださいね☆

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

Go!5!!ISETAN

2018 Early Autumn koha*pop up store

開催中〜8月7日(火)まで

伊勢丹新宿店 本館5階 インテリア売場

 

made in Kyotoの可愛い布と言えば

koha*オリジナルファブリック♪

 

 

 

下駄の季節がやって来た☆

 

蒸し蒸しする毎日が続きます。

もうすぐ7月。

京都の街が祗園祭一色に包まれる、厳かにして賑やかなひと月。

 

夏が近づくと俄然人気の品、といえばmizutori×koha*の下駄。

 

先頃、NHK BSプレミアム「イッピン」でも特集された下駄

現代の生活にもぴったり寄り添う、機能とデザインが

多くのお客様から支持されています。

 

毎月、旬の下駄ネタをお取組先に送ってきてくださる水鳥工業さま

今月の"みずとり通信"では

koha*オリジナルファブリック

"立葵""合歓の木"の下駄にフォーカス♪

下から順々に花を咲かせてゆく立葵の天辺の花が開く頃、梅雨明けし

京都の街に夏がやってくるというエピソードもご紹介くださいました。

そして立葵は、静岡市の花でもあったのですね〜(*^-^*)

 

もう一点の合歓の木の下駄は、ひなげしの下駄と共に

2012年から生産が始まったロングランヒット商品です!

2012年オンエアのNHKワールドの京都特集

made in KYOTOのkoha*の布をご覧になった方のご縁で

取組が始まったmizutori×koha*の協業。

今年もたくさんの方々の元へ旅立っております☆

 

次年度生産では展開柄が変わるかも知れません・・・(^-^)v

が、しかしサイズ切れのお品が復活するかも知れませんf(^^;)

(・・・って、どっちやね〜んっ!!)

 

 

 

また御報告出来る日を楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

 

koha*のウエア『キルコハ(着るkoha*)』ウェブにてリリース開始☆

 

名古屋での催事を終え、京都・大阪・名古屋での

2018年Spring&Summerの巡業が終了致しました。

各会場にて新作を楽しんでくださった皆さま、

本当にありがとうございました☆

 

秋のイベント初めは、7月25日(水)から8月7日(火)まで

伊勢丹新宿本店5階・インテリア売場での

POP UP STOREとなります。

ISETAN先行販売の新作2柄も引っ提げて伺います!

楽しみにしていてくださいね。

 

さて、ネギ坊主やイチジクの実が踊る『キルコハ(着るkoha*)』。

お待たせ致しました!

ネットショップのkoha*shopでも本日より販売開始となりました。

巡業で完売し、只今追加生産中の製品もチラホラございます<m(_ _)m>

仕上がり次第、更新して参りますのでしばらくお待ちくださいませ。

 

今期初めて生産したワンピース、チュニックと

ボトルネックトップスの3アイテム。

 

汗もたっぷり吸ってくれる肌あたり柔らかな綿の二重ガーゼと

シワにならずに直ぐ乾き、落ち感◎で細見えするポリエステルスムースの

2素材にて作り分けています。

 

二重ガーゼはシワになりますが、ふんわかしたガーゼゆえ

シワも、マイナス要素というより自然な味のうち♪

いずれの素材も、公私共に忙しい現代の女性に嬉しい特長があります。

 

また、お得感と便利さで大好評のリバーシブルスカート

こちらも追加生産してお求め頂けるよう整いました。

 

 

ご来店が難しい皆々様、是非、koha*shopで吟味してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

高島屋ONLINE STOREのkoha*にも春が来た☆

 

京都の桜も開花宣言。

 

街のあちこちで桜色の花の群れに出逢うよろこび☆

今年も寒く厳しい季節を乗り越えたご褒美に

神様・仏様をはじめ

お空へ旅立った先発隊の皆々様がくださった

かけがえのない贈り物やなぁ…と毎年しみじみ感じます。

 

今年は我が家の初代ゴールデンレトリバー小花や

娘犬の小豆の兄弟姉妹達と一緒に

空組新入生の我が父も"お空の桜工場"で作ってくれた桜だと想うと

「猛烈に気合い入れて桜を楽しんじゃうわっ!」と握り拳(笑)

いやいや、桜の花はやはり

しみじみ・ほんのり・ふんわり愛でたいですね。

 

ウェブショップの『koha*shop』と共に

京都までお買い物に行けないのよ〜!と大忙しの皆さまに人気の

『高島屋ONLINE STORE』のkoha*製品

この度、春めく気分にぴったりの製品が増えました☆

デイリーバッグpetitでは『盆暮れリーフ』『合歓の木スモーキー』

デイリーバッグでは『実家モーニングデュウ』『実家サンセット』

賑やかに仲間入り致しました♪

 

完売&品薄になっていたエプロン晴雨兼用折り畳み傘なども

追加納品させていただきましたので

春からの新生活や、春ギフト、母の日ギフトにも

是非、ご利用くださいませ(*^^*)

 

高島屋オンラインストアのkoha*ページ

http://www.takashimaya.co.jp/shopping/ladies/koha/

koha*shop

http://koha.shop-pro.jp/

 

 

koha*オリジナルファブリック、続々☆

 

2004年にデビューしたkoha*オリジナルファブリック

最初のシーズンは6柄の同時発表でした。

今年の春夏には5柄が加わって、柄の総数は45柄に♪

 

上記の画像は、2016年秋冬から2017年春夏・秋冬のDMです。

 

『柄数が多いことが素晴らしい事』でもないけれど

これくらい創作しても、まだまだ描き足りてないなぁと思えるのは

実にありがたい事だと実感しています。

 

柄数×素材違い×配色違いなどを含めると

150種類くらいのバリエーションはあるので

それぞれロットをこなして生産し続けるには

当たり前ですが資金も保管場所なんかの確保も重要課題(^^;

楽ちんではないけれど、これも何とかクリア出来てるのも

応援してくださっている皆々様が居てくださるからだなぁと

本当に嬉しく、感謝しておりますー☆

 

新柄の生産やLOOKBOOK作りも進んでいます。

あまりにも可愛くカッコイイので、早くご覧いただきたい気持ちでいっぱい!

あら、また自分で言ってしまいました・・・

いや、ホント!あまりにも他にない可愛さですの!

と、文章を繋ぐ度に自分で宣言するループにはまり込んでしまうので

今日のところはこれでストップしておきます〜

 

どうぞ、楽しみにして待っていてくださいね(*^^*)

 

 

made in Kyoto,Japanを最初に謳ったテキスタイルと言えば

koha*オリジナルファブリック♪

 

 

 

 

 

新春祭に『Chabakoha*(チャバコハ)』も登場します☆

 

平成29年ももうすぐ終わり・・・

次はどんな元号になるのかなぁ?

 

今年も転がるように毎日が過ぎてゆくのがはやいこと、はやいこと☆

もう、来年の話をしても、鬼も笑わないはず。

と言うことで、まずは新春二日限りの

とっても縁起の良いスペシャル企画のお知らせです。

 

茶葉の保管や運搬に使われていた

防湿・防虫・防臭効果に富んだ、昔ながらの茶箱にさまざまな装飾を施し

現代の暮らしのインテリアにもマッチした収納付き調度品として蘇らせた

『インテリア茶箱(R)』

使う布やパーツの素材感や色味、テイストによって

無限の表情を作り出せる上に、

茶箱の大きさや形状によっても

一人掛けや二人掛けスツールにもなったり

とっておきのアクセサリー入れになったり

和装小物の収納にピッタリだったり

身近な手芸用品入れになったり・・・と無限の使い道があります。

 

そんな『インテリア茶箱』を

koha*オリジナルファブリック使いで作ったものが

今年産声を上げた『Chabakoha*(チャバコハ)』です。

 

新春二日間だけのイベントに『Chabakoha*』もお目見え致します。

神々しい光が溢れ出るような小さめのスツールと

しっかり深めの中袋付きの収納力抜群のスツール。

穏やかで安らげる日々であるよう願いを込めて

仕立てられた縁起の良い逸品です(*^^*)

 

どうぞ、お楽しみに☆

 

【新春祭】

2018年1月2日(火)〜3(水)

日本橋三越本店本館3F イベント東(イベントスペース・イースト)

10:00〜18:00

お問合せ:シーズンスクエア 03-3274-8372(直通)

 

 

 

 

大好評☆光村推古書院さまの御朱印帖♪

 

京都の老舗美術出版社・光村推古書院さまより発売になった御朱印帳。


布貼り表紙のデザインをkoha*にオーダーいただき

めでたく発売になったのは昨年のはじめ。

嬉しい悲鳴!?の大好評につき

表紙用の生地を幾度も追加生産させていただいております〜!

先日も、またまた納品してまいりました(*^^)v

 

初詣から新たかな気持ちで御朱印帖を刷新される方や

よし、今年から寺社仏閣巡りを初めてみようかな?という方も

目にする度に「ふふふ・・・」と微笑んじゃう御朱印帖を

旅の友にしてくださいね!

 

全国の書店、寺社仏閣、amazon等の他、椿ラボ京都でもお求めいただけます。

 

 

2006年に発表した”こはのこもん(koha*の小紋)”の中の
"ねこねこやなぎ"をリデザインした"ねこねこじゃらし"

"クロとノラ(赤地にくろねこ)" と "シロとタマ(灰桜にしろねこ)"


2003年頃描いたイラストからイメージを膨らませた
日本の原風景の影絵が美しい"いつか来た道"の二柄です。

"夕焼け小焼け(夕暮れ刻の野の道)" と "散歩しようよ(うららかな野の道)"

 

 

御朱印帖がピッタリ一冊収まるがま口ポーチもありますよ。

*夢で逢いましょう・はなうたスキップ

ご朱印帖の「いつか来た道」柄に呼応するように描いた図案。

昭和の匂いの残る風景と青空。

 


*夢で逢いましょう・ひみつ基地にて
遠くを走る電車と電信棒のシルエット。
あかね色に染まる夕焼け空に人恋しくなる図案。

 

*ろーじのジロー・ほのぼのモーニング
2006年発表のkoha*の小紋の「ねこねこやなぎ」柄を刷新した
ご朱印帖の「ねこねこじゃらし」柄に呼応するように描いた
爽やかな朝の風景。猫町のろおじ(路地)に居るジローは誰?

 

*ろーじのジロー・しみじみアフタヌーン
陽だまり色の午後のろおじに集まる仲良し五匹組。
親子であるか、流れ着いたか、はたまた兄弟か、知るのは誰?

 

紅葉の美しい季節。

私もこの秋は、人出にめげず(汗)紅葉狩りに出かけてみますね♪

 

B6サイズの手帖に対応☆手帖カバー限定発売♪

 

秋ですね♪

栗にさつま芋、かぼちゃもほっくほく&お魚にも脂がノリノリ。

梨の皮を剥いてると、味を知ってしまった小結も走ってきます(笑)

 

来年のスケジュール管理用の手帖がズラリと店頭に並ぶ季節。

 

京都の老舗美術出版社・光村推古書院様より発行の

スケジュール帳+ハレとケの京都情報を網羅した『京都手帖』。

 

この『京都手帖』のオフィシャル特製カバーとして

毎年、koha*オリジナルファブリックにて限定生産して

光村推古書院様のサイトにて販売頂いておりましたが

本年は、このB6サイズに対応したブックカバー

烏丸三条西入ル・文椿ビルヂング1F『椿ラボ京都』

webショップの『koha* shop』にて限定販売しております☆

 

B6判、B6版・・・本当のところどっちなんだろう?

書籍と紙で使い分けてるんだろうか?

↑↑↑ボケた独り言ですみません〜また調べようっと。

野アザミ・チャコール

松虫草・グリーン

うろこ・マリン

秋七草・ニュイ

美人姉妹・サマーシャドウ

 

麗しく愛らしく、それでもって落ち着いたのも入っている

渾身の5柄のラインナップです☆

裏地の色とのコンビネーションも可愛いので

手帖を取り出す度にキュンとなる事この上なし♪

 

是非、ご活用くださいね(*^^*)