京都の乙女文化発信クリエイター、koha*のブログです。
大好評のショルダーポーチ、さらに新柄追加☆

 

只今、椿ラボ京都で開催中の『koha*の世界展vol.23』。

連日、新柄『ラヴィ*ラヴァ』『ド・レ・ミ・ファ・ソ♪』の他、

衣類やバッグ、晴雨兼用傘などたっくさんの品々が旅立っております☆

 

そして斜めがけタイプのミニバッグ、『ショルダーポーチ』も大ヒット御礼♪

会期終了を前に在庫がなくなりそうだったので

急遽、柄のバリエーションも広げて増産致しました。

 

 

日常のお出かけや旅先で。

よく使うアイテムや貴重品は、大きな鞄に収納するより

肌身離さず&取り出し易く使いたいもの。

 

そんな時にはコレでしょっ!!というこの上なく重宝な一品です。

是非、店頭でお確かめくださいね。

 

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

 

京都・三条烏丸(三条両替町北東角)文椿ビルヂング1階

椿-tsubaki labo-KYOTO(椿ラボ京都)

http://tsubaki.amgrrow.com/

 

椿ラボ京都 フェイスブック

https://www.facebook.com/tsubaki.labo.kyoto/

 

koha*shop

http://koha.shop-pro.jp/

 

 

koha*オリジナルファブリック、秋の新作☆

 

週明けまでは雨が続く様子。

いたずらに怖れたり煽ることなく、けれど慎重に行動しなくちゃと思います。

 

さて☆

 

7月25日(水)から8月7日(火)まで

伊勢丹新宿店 本館5階 インテリア売場にて

2018Early Autumn☆ koha* のPOP UP STOREを開催致します。

 

 

9月1日(土)から9月17日(月)まで

三条烏丸・文椿ビルヂング1階の椿ラボ京都にて開催の

koha*の世界展vol.23の新作発表会 に先駆けて

コスモスの群れを描いた46作目『la vie☆LOVER(ラヴィ*ラヴァ)』と

蕎麦の花咲く47作目『Don't  let  me  far  so♪(ドレミファソ♪)』を

ISETAN先行発売致します。

 

 

国産の布地が安価な海外の布地に押されていた2000年代。

京都で、国内で生産することの大切さと誇りを胸に

made in Kyoto,JAPANと初めて謳い、生地端に刻印し

京都ならではの審美眼が生きた布を世に送り出したのが

koha*オリジナルファブリックです。

 

15年目の秋、また繊細かつリズミカルな新柄をお披露目致します。

どうぞ、お楽しみに。

 

 

 

 

ジェイアール名古屋タカシマヤでお会いしましょう☆

 

日中は真夏日が続く京都。

朝晩は割とひんやりしているから

過ごしやすいと言えば過ごしやすいけど

一日の内でかなり気温差があると身体がついていきません〜

 

皆さんもしっかり食べてしっかり寝て

本物の夏より実は身体に負担がかかっている

このプレ夏を乗り切ってくださいね。

 

いよいよ5月30日(水)から6月4日(月)まで

JR名古屋高島屋・10階の催事場にて開催の

『NUNOフェスティバル テキスタイル×デザイン』が

来週から始まります☆

koha*が初参加というわけではなく

この催事自体が初の試みという、大人のため布フェスティバル。

展開アイテムや商品量を考えて

練りに練って各種什器も揃えて頂くわけですが

それでも搬入の日には「あれれっ?」「あちゃーっ!?」という

ちょっと想定外の事も想定内(笑)

今回も「何かあるに違いない」と覚悟しつつ

思いっきり楽しみながら皆さまをお迎えしたいと思います☆

時計サロン横・中央の4面エスカレーターを昇ってきていただいたところから

NUNOフェスティバルの会場が始まりますが

koha*ブースは割と奥の方にしていただきました(*^^*)

フロアガイドに長方形でピンク色を置いている辺りが

koha*の展開場所となっております。

 

何と言っても、レジカウンターに近いっ!

ある程度のストックは店頭にも置いていますが

ドッサリ発送した商品はバックヤードに置いておくので

足りなくなったらダッシュするストック場にも一番近いっ!!

 

商品説明や「似合われるのはどっちだろう?」

「実際の生活でより使って頂けそうなのはどれだろう?」には

時間をかけたいと思いますが、

商品の補充などはなるべく一瞬で済ませたいので

この場所を確保して頂きました(笑)

 

ちょっと見つけて頂きにくい場所かも知れませんが

ズンズンと奥のレジカウンター近くに突き進んでくださいね♪

 

山のような商品を出荷して、今日は一息ついています(^-^)v

今回は催事場でのイベントにつき、最終日が4日(月)となります。

また、最終日は17時までとなっておりますので、ご了承くださいませ。

 

それでは、名古屋界隈の皆々様☆

楽しみにしていてくださいね♪

 

名古屋での催事会期中も椿ラボ京都は通常営業しております。

koha*shopも宜しくお願いしまーっす。

 

 

名古屋の皆さま☆ご期待くださいね♪

 

 

昨日は朝からお能舞台用の行燈や、ご朱印帖の表紙用布地など

たくさ〜ん納品してきました。

雨が降る前にちゃんとお届け出来たのは何より☆

 

JR名古屋タカシマヤ10階での催事に向けた準備も順調です。

来週はスタッフF本と高島屋さんのバーコード値札を付けてから出荷準備。

梅雨時の憂うつを晴らしてくれるウキウキする商品をたくさん仕込んでおります。

 

楽しみにしていてくださいね〜!

 

2018年5月30日(水)ー6月4日(月)

※最終日は17時まで

JR名古屋タカシマヤ10階 催会場

『NUNOフェスティバル〜テキスタイル×デザイン』

 

日本全国の織りや染め産地の工房やショップ、

オリジナルプリントブランドなどが集結する大人のための布博覧会。

koha*もmade in Kyoto,JAPANのファブリック製品を賑やかに展開します。

皆さまとお会いできるのを心より楽しみにしております♪

 

心躍る、京都ならではの可愛い布ならkoha*オリジナルファブリック☆

http://koha.shop-pro.jp/

 

オマケの小結 U^人^U

今日の オヤツは キャベツの わんこボーロですよ。

サクサクしていて すびちゃん 大好き☆

たのし〜 週末に しましょうね、 ばいばい。

 

ありがとうございました☆お次は名古屋へ!

 

大阪・梅田の阪急うめだ本店7階にて開催致しました

『koha*のハッピーファブリック』展。

 

風薫る五月♪のはずが

意外に強風のオマケつきの本降りや

小雨に見舞われる日も多かったですが

たくさんのお客様にお越し頂くことが出来ました。

初めましての皆さまも、いつも来てくださる皆さまも

ありがとうございました(*^^*)

 

そして、向かい側のイベントスペースで同時開催されていた

インテリア茶箱クラブの皆々さま、

阪急百貨店の皆々さまも本当にありがとうございました☆

 

沢山のストックもお持ちしたつもりだったのですが

新作が足りなくなって途中で模様替えしたり

今回も色々勉強になりました。

また、来年5月のイベントも決定しましたので

5月=梅田でのkoha*イベントと脳味噌に刻んでくださいね(笑)

これからのスケジュールは

5月30日(水)から6月4日(月)までの

JR名古屋タカシマヤ10階

『NUNOフェスティバル〜テキスタイル×デザイン』

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

7月25日(水)から8月7日(火)までの

伊勢丹新宿本店5階 リビングフロア

インテリアファブリック売場でのPOP UP STOREとなります。

皆さま、どうぞお楽しみに☆

 

只今スタッフF本と完売品の追加生産の用意で大わらわ!

景気の良い忙しさは良かですねー

ご期待くださいーっ(^-^)v

 

世にも美しいmade in Kyotoの布と言えば

koha*オリジナルファブリック♪

http://koha.shop-pro.jp/

『koha*の世界展vol.22』始まりました。

 

昨日から、三条烏丸の椿ラボ京都

41作目となるkoha*オリジナルファブリック

『あら、ネギ坊主(a la bows)』をはじめとした

新作発表会が始まっております〜☆

 

皆さま、是非ご覧くださいね♪

 

京都cf!様でも紹介いただいております。

http://kyotocf.com/news-hop/a-la-bows/

 

『koha*の世界展vol.22』いよいよ4月5日(木)から☆

 

ここのところ毎日「春爛漫〜♪」気分で出勤しています。

通勤バスからの眺めの素晴らしいこと、素晴らしいこと☆

 

広隆寺の手前で桜。

広隆寺の門をフレームに、奥に続く庭の桜。

バスの窓の高さからだと

花園の法金剛院の垣根越しに池泉回遊式浄土庭園の桜。

その他にも、円町の銀行の桜や

小中学校の校庭の桜や、神泉苑の桜などなど

お花見しながらの贅沢通勤(*^^*)幸せだわ〜

 

来週からは4月!

いよいよ4月5日(木)から『koha*の世界展vol.22』

新作布『a la bows〜あら、ネギ坊主』の発表会が

三条烏丸・文椿ビルヂング一階の椿ラボ京都にて始まります。

 

2004年より発表しているkoha*オリジナルファブリック

この『あら、ネギ坊主』は41作目となります。

 

春が終わりそうな頃、

市内の其処ここにあるネギ畑で見かける

スックと背筋を伸ばした潔い姿と

飄々とした丸い坊主頭のコントラストに

私は毎年釘付け&ニッコリほっこり☆

*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*

 

41作目 a la bows 〜あら、ネギ坊主

 

繊細で儚くて曖昧な形と同じくらい剽軽で無骨で堂々とした形も好きだ。

小さな頃は食べられなかったのに

今はしみじみと「うーん・・・美味しいなぁ」と

思えるもののうちの一つにネギがある。

 

炒めようが煮ようが焼こうが、飲み込めぬほどのクセのある香味。

加熱しても受け入れられぬものを

生で・・・などという選択肢は端っからあり得なかった。

中からにゅるんにゅるん出てくる

得体の知れぬ粘りっ気溢れる液体も、口に入れるのを躊躇わせた。

 

幼き日、庭で育てていたネギの列に水をやりながら

「お前が美しい花を咲かせられないのは

何か恨みでもあるのか?」と問うたものだが

ある日、その先端に

得も言われぬ愛らしさに充ち満ちた球状の物体を見つけた驚き。

わぁ!!そんじょそこいらの華より素敵・・・

 

今は、中一日くらいでネギを食している。

 

すっくと潔く力強い立ち姿とユーモラスな坊主頭に、思わず笑みがもれる。

c/#50  Marie マリー(グリーン系)
c/#48  Violetta ヴィオレッタ(パープル系)

*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*

クッションカバー、各種バッグ、ポーチ、晴雨兼用傘にくわえ

今期は、サテン地のコットンよりも滑らかで

乾きがはやくシワを気にせず着られるポリエステルスムースや

ふんわりと軽くシワの味わいも楽しめる二重ガーゼの衣類も登場。

 

是非、毎日の必須アイテムとしてご愛用くださいね(*^-^*)v

 

『koha*の世界展vol.22』

〜新作布 あら、ネギ坊主(a la bows)の発表会

2018年4月5日(木)ー4月16日(月)

 

三条烏丸・文椿ビルヂング一階 椿ラボ京都にて

TEL/FAX075-231-5858

※会期中も火曜日は定休日です。

 

 

 

koha*の世界展vol.22のお知らせです☆

 

日に日に陽射しが和らぎ、水温む季節。

真冬には億劫だった庭仕事やお出掛けに心が躍りますね。

 

京都の乙女文化発信クリエイター・koha*がデザインし

京都で捺染する世にも美しいmade in Kyotoの布、

koha*オリジナルファブリック

2004年の発表から数え、おかげさまで今年は15年目を迎えます。

 

日本に根付く植物を西洋の様式美で表現する独特の柄ゆきと

活き活きと華やか且つ、得も言われぬ上品な色目は

デビューした年からほどなく

スタイリストさんや糸偏のプロに一目置いて頂いた

京都ならではの美意識が息づいています☆

自分で言うのも何ですけど〜(笑)

 

この春は以下のスケジュールにて新作を発表致します。

 

 

@三条烏丸・椿ラボ京都 

4月5日(木)-----------4月16日(月) 会期中も火曜定休日

41作目『あら、ネギ坊主~a la bows』の発表会

トップの画像が『あら、ネギ坊主』です♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

@大阪・阪急うめだ本店7階「手仕事ギャラリー」

5月2日(水)----------5月8日(火)

もはや恒例になったG.W.の大阪遠征。

今年はインテリア茶箱クラブ様とのコラボレーション、

『Chabakoha*(チャバコハ)』もスケールアップ!!

母の日ギフトもたくさん揃えております。

 

@名古屋・JR名古屋高島屋10階「催会場」

5月30日(水)---------6月4日(月)※最終日は17時までです。

お久しぶりの名古屋は、泣く子も黙る?JR名古屋高島屋にて。

各地のテキスタイルブランドが集う、大人の"布フェスティバル"☆

 

上記2会場では『あら、ネギ坊主』の他、

『蒼空~So cool!』 ↓↓↓

 

『Moonriver~梅花藻』 ↓↓↓

 

『花降る菩提樹~Bodhi fleurs』↓↓↓

 

『虹のまにまに~Many many rainbow』↓↓↓

 

すべての春夏布の新作をお披露目させて頂きます!

 

いつものスカートとニットだけでなく

今回はリクエストの多かったチュニックのバリエーションも生産中☆

これでネギまみれやイチジクまみれのコーディネイトも出来ますよ(笑)

 

さぁ、春はすぐそこまで来ています。

皆さまお揃いで、是非ご来場くださいませ(*^^*)

 

 

椿ラボ京都のフェイスブックページも是非ご覧くださいね。
https://www.facebook.com/tsubaki.labo.kyoto/  

 

椿ラボ京都(京都市中京区三条通烏丸西入・文椿ビルヂング1階)
TEL:075-231-5858 11:00-20:00

 

京都ならではのはんなり可愛いテキスタイルなら

koha*オリジナルファブリック

 

『koha*の世界展vol.21』~新作布G.G.W.(庭神ワンダー)の発表会

 

本日10月20日(金)より10月30日(月)まで

椿ラボ京都にて開催の『koha*の世界展vol.21』が始まりました。

 

koha*オリジナルファブリック

この新作・G.G.W.(庭神ワンダー)で40作目。

日本に根付く植物を西洋の様式美で表現することを根幹に

2004年より発表し続けています。

 

G.G.W.を描いた幼少期の不思議な体験(というより記憶でしょうか)は

こちらのページをご覧くださいね。

http://blog1.koha-star.com/?eid=1421400

 

今日の発表に向けて、昨日スタッフとディスプレーを変えていましたが

既にその時に「あら、これ素敵ね。いただくわ」と旅立つ人気です♪

 

点描での表現や、わざと作った版ズレの妙味など

今までには無い実験的なことにも挑戦している図案です。

40柄描いてみて、まだまだ描き足りない題材や

試し切れていない表現方法があるもんだなぁと自分でもびっくり。

 

基本的にあまりペースを崩すことなく仕事するタイプですが

この分だと描き切れないものを抱えたまま虹の橋を渡りそうで(笑)

もうちょっとピッチ上げねば・・・と思っています。

あと100は描けそう・・・アカン・・・仙人になってしまうわ・・・

 

初日から沢山の方々の元へ新作が旅立っていってくれています。

嬉しいなー・・・

 

新作のイメージにピッタリのお花もありがとうございます(*^^*)

是非、ご覧くださいね。

がんばりまーっす☆

いよいよ20日から『koha*の世界展vol.21~新作布G.G.W.の発表会』

 

先週あたりから、通勤や小結との散歩で

どこからともなく漂う金木犀のやさしい香りに

癒されるな〜と鼻をひくつかせて歩いています。

 

昭和のトイレ芳香剤の香りと言えば、やはり金木犀がNo.1☆

いつからトイレの香りはラベンダーと石鹸の香りになったんかな?

いや、良い香りだったら別になんでもいいんだけど・・・(笑)

 

さて、いよいよ来週末20日(金)より30日(月)まで

三条烏丸西入ル北側の文椿(ふみつばき)ビルヂング1階の

『椿ラボ京都』にてkoha*オリジナルファブリック40作目となる

新作布『G.G.W ~庭神ワンダー』を発表致します。

 

初めての点描画は、ちゃんと立体感が出るように

陰影が正しく表現できるように・・・という気持ちよりは

描き込みたいからどんどん盛り上がって描く・・・

という点描High的な楽しさがありました(^^;

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「にわがみ様かも知れへんわ・・・」母はそう言った。

 

春先だったのか秋口だったのかさえ想い出せない。

けれどメリヤス地に動物の絵がプリントされたパジャマに

母の手編みの臙脂色のカーディガンを羽織って

庭に面した掃き出し窓の際に幼い私は呆然と立ち尽くしていた。

 

安静にしていたおかげで高熱は引けて

だけど眠り過ぎたせいで、ぼぉとしていた。

 

夢か真か

未だにとらえどころの無い事件は、こんな状況下での”記憶”だ。

 

父は会社へ、姉はおそらく小学校にでも通っていたのだろう。

母は幼い妹を連れて、近所に買い物にでも出かけていたのか留守だった。

もう眠ることにも退屈していた私は

おひさまのふっくらした光を含んだカーテン越しに

隣の部屋の掃き出し窓がカラカラと祖母に開けられる音を聞いた。

窓のすぐ傍に設けられていた

盆栽や仙人掌の並んだ棚の手入れをしているのだと思った。

 

もうこれ以上寝られるはずもないと思っていたはずなのに

しばしウトウトしてハッと目覚めた時に

庭で何かが動く気配がして、窓に近づきカーテンをそっとずらした。

分厚いゴブラン織りの感触は今も憶えている。

 

立派な葉蘭と万年青の後に在った苔むした甲羅型の石が

低い呻き声を上げながらやおら立ち上がった。

少し背が高くなった石は

時折苔片や積層した泥片を剥がれ落としながら

ゆっくりと垣根の下を潜って地道へ消えていった。

 

一度目覚めたはずの夢の続きを見ているのだと思った。

思おうとしていたのかも知れない。

 

きっと夢だ、夢の中に居るのだと納得した矢先に母が帰って来た。

 

そして、私の話す一部始終を聞き終えて

「にわがみ様かも知れへんわ・・・」と呟いたのだ。

「もう、この家の子達は心配ないって、

次のおうちを探しに行かはったのと違うかなぁ。」

 

“庭神”にも”庭亀”にも聞き取れた。

 

色とりどりの花々に目を奪われて

普段は気に掛けることもなかった

地味な葉っぱの群れの影にあった石の跡を覗き込んだ。

確かに、何者かが居座っていたかのような

新しい凹みが残されていた気がする。

 

狐につままれたような、高熱のいたずらのような

その実、幾年か前にご近所の亀が逃げた事件があり

100%無い話では無いような白昼夢。

 

その奇妙な感覚ゆえに、子供心に”あまり口外してはならぬ”と

災いを回避すべく心の奥にしまっていたが

高校生くらいの時分に、一度、母に尋ねたことがある。

 

うーん・・・そんな事、在ったような無かったような。

それはどうか忘れたけど、うちの桜が秋に咲いた事も

○○さんとこの△△君が

初めてホームラン打たはった時には桜が黄色に咲いた事も

○○さんところのお婆ちゃんが亡くならはった時には

三毛猫が黒猫になった事もあったしなぁ。

 

などと、母の摩訶不思議な記憶エピソードは

私のちっぽけな白昼夢の更に上をいっており

人にはそれぞれ、夢か真かわからぬままの想い出。

の、ようなものが在って

畏れをなしたり、恥じ入ったり、

あるいは共感や心の支えとなったりして

ほの温かく包んでくれているのだろうかと思ったものだ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


輪郭が不鮮明な幼少期の想い出を

曖昧な点描画でいつか表現したいと思っていました。

幻の黄色い桜、万年青、八つ手、松葉牡丹、

砂漠の薔薇や吹上や千代田錦のような多肉植物、

金平糖のようなヒメツルソバが咲く傍らに

意志を持ったような石が転がる風景を描きました。

不思議の国の庭を、虫眼鏡片手に分け入って歩き回ってみてください。


c/#40  Purple rain
c/#05  Hazy winter