京都の乙女文化発信クリエイター、koha*のブログです。
おめでとう二十歳☆

 

昭和の人間なので、どうしても『成人の日』というと

一月十五日というイメージが抜けません(汗)

 

今年は何だか、晴れの日にあるまじき事件も起こりましたが

それでも・・・新成人の皆々様、おめでとうございます☆

と、時間が随分経ってからの投稿をお許しください<(_ _)>

 

既に大いなる目標を見つけ出した方も

まだまだ迷いの中で藻搔いている方も

あなたがしっかり地に足付けつつ

羽ばたいたり、良い波に乗る準備を日々怠らなければ

きっと未来は開けます☆

 

今までの二十年、夢や望も悉く破れ

負け続けてばかりで口惜しい思いしかなかったとしても

これからの人生の方がうんと長く

自分次第で切り拓き易い立場になれたのです。

それが、大人というもの。

 

責任と覚悟を背負って

想い描く夢に向かって力強く一歩を踏み出してください☆

 

そしてこの日を迎えられた悦びと感謝を噛みしめて

ご家族や友達をこれからも大切にしてくださいね♪

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

2004年から発表しているkoha*オリジナルファブリックの他に

ご縁をいただき2005年から「こはのふりそで(koha*の振袖)」と

2006年から「こはのこもん(koha*の小紋)」をデザインしております。

(↑こちらは『芍薬』京紫)

 

昨年は『蓮』と『椿』の二柄のご注文を賜りました。

大切な節目を、この振袖で迎えていただけることは

私にとってもとても大きな意味があり、嬉しくありがたいこと・・・

(↑『椿』漆黒。お母様が成人式に締められた帯も素敵)

 

(↑『蓮』漆黒。叔母様が大切にされている朱赤の吉祥紋帯が映えます♪)

 

 

"私自身は振袖を着ませんでした"という

大人になりきれてなかった青く苦い話は、こちらからどうぞ(^^;)

http://blog1.koha-star.com/?eid=1421342

 

皆さまの未来に幸あれ☆

おめでとうございます(*^^*)

 

明けました☆

平成三十年、明けました☆

今年も毎日、健やかに穏やかに

たくさん笑えるよう過ごしてまいりたいと思います(*^_^*)

まずは、姪っ子撮影の清々しく縁起の良い御来光からどうぞ☆

 

戌年ということで、無駄に張り切っている(笑)我が家の小結の

たっぷり写真をお楽しみください〜U^人^U

 

立ち上がる小結。

 

広沢池の小結。

 

何故か!?達成感に満ちた雰囲気の小結。

 

大沢池で、水鳥を捕まえるべく?念じて呼び寄せている小結。

 

本当に集まって来て、ドヤ顔の小結。

 

渡月橋の手前で。

 

渡月橋の手前。その二。

 

小花と小豆母娘時代からの、我が家の定番写真スポット渡月橋を背景に。

 

鹿王院。ろくおういんって読みます。

 

山茶花が美しかったのでパチリ☆

 

三が日は、ゆーっくり過ごせました。毎日いっぱい食べていっぱい歩きました(笑)

 

忘年会ではご飯の後に、久々のカラオケ大会もあって

ノリノリでめちゃ楽しかったです。

自分もいっぱい歌ったけど、人の曲もコーラス(迷惑か!?)

エアドラム、エアギター、要らんダンスで弾けましたのw

 

さ、明日から初売り!

 

今年は、本拠地『椿ラボ京都』はもちろんのこと

5月大阪・梅田、6月名古屋、7月東京・新宿でも

koha*のPOP UP STOREを開催致します。

どうぞお楽しみに♪

 

 

 

 

ささやかだけど、ちょっと幸せ☆

 

昨日は朝から宇治方面へ打合せに出かけました。

 

一足先に出かけたと〜さんを見送る小結。

玄関先や階段の踊り場で、通りを警備しながら過ごします☆

というよりは、小結のお友達

(ご近所のおっちゃん&おばちゃんや近隣保育園のお散歩園児や

通勤通学の人々や宅配便の方々、そしてワンコなどなど)が

声を掛けてくださるのが嬉しくて

いつもこうやって"何でしたらかまってくださいな"と待ち構え中!

 

打合せが済むと、弊社が手がけさせていただいたお店の

伏見のお魚屋さんの"Ototo jet"さん

洋菓子屋さんの"Porte deux  lampes"さんに年末のご挨拶に寄りました。

皆さま商売繁盛☆嬉しいな・・・

お取り組み先さんが良い顔だと何より嬉しいもんですね。

 

その後、東福寺近くの"cafe nido"さんにて

ショップカードを納品がてらランチをいただきました☆

 

前菜付きのパスタコース、と〜さんは生ハムと何だったかな?

私はしらすとキャベツのペペロンチーノ。

んっふっふーめちゃ美味しかったなー・・・(*^^*)v幸せ。

こちらも人気店なので、ご予約がおすすめですよ。

 

その後、お店で仕事→外で打合せ→お店で仕事とバタバタ。

おかげさまで、何とか年内納めの仕事は

ちゃんと年内におさまりそう〜〜〜かな?

 

仕事中、母からメールが入りました。

「商店街の福引き、みかんとりんご当たった。

パパが当ててくれはった!」とね。

現住所を空に移した父にそんな念力はあるんかいなぁーと思いつつ

「パパ、さすがやな」と返信しておきました(笑)

ちょっと馬鹿馬鹿しいけど、母、可愛っ♪私も何だか浮かれ気分。

 

日が落ちると本当にじわじわ、じんじんと寒くなる底冷えの京都。

ずっと食べに行きたかった"拳10(こぶとん)ラーメン"さん

スタッフF本と一緒に行って来ました☆

良く考えると、お昼もパスタだった(笑)

 

お店のある三条通をズンズンと西へ進んで

三条会商店街のアーケードも通り抜け

千本通を越えてまだまだ西へ。

御前通までたどり着いたら、左(南)に曲がってすぐの所にあります。

 

スタッフF本は12月のスペシャルメニュー

「石焼きクラムチャウダーヌードル」を

私は「煮干し生醤油ラーメン」チャーシュー追加をオーダー(笑)

 

 

ラーメンって時々無性に食べたくなりませんか?

丁度、その波がやって来たので食べに来たのですが

本当に美味しかったです☆

あっさりしてるのに、とってもコクのある深いスープで

決して頼りないあっさりではなく、食べ応えも十分!

私はらーめんマニアではないので

この麺は「どこそこの何々麺」というのはわからないけど

スープとの相性もとっても良かったです(*^_^*)

 

高校時代の友人がやってます♪

皆さまも京都に来られたら、是非食べてみてくださいね〜!

 

小さな幸せがいっぱいの週明け。

今週もしっかりがんばろっと!

 

 

 

 

 

おひさまっ子の日光過敏症☆

 

日本全国、例年より寒い冬になってる様子。

涼しくなる、寒くなるのが今年は早かったですよね。

これも近畿地方に限らず全国的なことだったのかな?

 

昨年6月に、日光過敏症という

紫外線アレルギー体質になってしまった私。トホホ・・・

今年の夏は、日焼け止めベッタベタ、

日傘とサングラス必須、

UVカットのパーカとフルレングスのパンツと

足首も抜かりなく長い靴下で覆い暮らしたお陰で

発症することなく「あ、もう体質変わった?」と

油断したのが悪かった・・・(T T)

 

10月くらいからは、街ゆく人々もサングラスを外した人が多くなって

そろそろ私も大丈夫な紫外線量かなぁ?と

10月後半から外して過ごしていました。

 

そうしたら11月初めから地味に発症。

私の場合は皮膚が弱いので、皮膚に集中的に不具合が出るけど

それに限らず、最近、年齢の近い友人知人が口を揃える言葉は

「この現象が加齢によるものか更年期だからか

過労なのか病気なのか、わからん!」

そうそう、本当にそう☆

 

更年期は思春期なんかと似て、身体のバランスがゴロッと変化して

内部や外部の色んなところが、急速な変化に対応できずに

支障を来すけど、それを過ぎれば落ち着くって言うし

それならば、今、あたふたせずに最小限の対策だけ施して

嵐が過ぎゆくのを辛抱強く待とうか・・・と思うしね。

 

犬の散歩も、庭の手入れも日々の通勤やご近所の買い物も

お日様を敵に回すと結構大変!!

 

小さい頃から公園や運動場を駆け回っていたお転婆娘で

日向でスクスク育った私が日陰者になろうとは。

この先ずっとかも知れないし、あと何年かで戻るのかも知れないけど

しばらくは冬も用心して、サングラス生活を続けてみます・・・f(^^;

 

写真は実家のアルバムに貼ってあった姉妹の写真。

大体の服は母のお手製☆

 

 

編むのも縫うのも上手くて、アップリケや刺繍も得意で

既製服も、いつもひと手間かけてくれてたなぁ〜

 

寄る年波に抗えず、最近は目が疲れるので

細々した手芸関係は控えているけれど

白生地や糸を買ってきては趣味の草木染めを楽しんでる様子。

 

そうやね。

こうやって出来る事を探して、楽しみを広げれば良いのよね。

 

もし私が、この先一生『お日様はアウト』になっても

日陰でこそ出来る楽しみを見つけよう〜っと☆

などと一人考える日曜日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元気ですか・・・☆

(↑社員寮の庭にて)

今年の夏の終わりと秋のはじまりがせめぎ合う頃

父は静かに旅立ちました。

天皇陛下と並べるような不遜な意味合いではなく

私達家族にとっての

かけがえのない昭和が消えゆくような大きな出来事でした。

 

(↑新婚旅行)

 

最後の最期まで父らしかったな・・・

 

 

戦死した父親の代わりに長男として一家を護り抜き

やり切れないことの多い時代をがむしゃらに生き

母と出逢い築いてくれた家庭で私達を育て上げてくれた父。

幼くして父親を亡くしたので

息子と父親との関係性を渇望していたことを外堀から窺い知り

私が息子代わりになれればとがんばった時期もありましたが

当然それは叶わぬままに終わりました。

 

どうしようもない頑固者で距離を置いた時期もありましたが

あらゆる分野や現象の

"ほんまもん"を見抜けるようにと叩き込んでくれた人でした。

 

ちゃんと気持ちを整理して次に進めるよう

父への感謝状のような詫び状のような手紙をつらつらとしたためましたが

もう、びっくりするくらい何文字でも何枚でも書けてしまうので

こりゃあまだ、今の私の身の丈にあった大仕事ではないのだなぁと悟り

またの機会を待つことにします(*^^*)

 

あなたが、まさに命をかけて教えてくれた大切なこと。

私達は皆、胸に刻みましたよ。

 

こちらは何とかみんなで補い合いながら

それなりに楽しくやっております。

毎日たくさん笑って、美味しく食べて、しっかり寝ています。

どうか、ご心配なく・・・!

 

再び自由になった身体で、土をこねて轆轤を挽いたり

のびのびと、もしくは洒落にならぬ程の気合いで野球でも楽しんでいますか?

 

いつか私がそちらへ行く時は

惚れ惚れするように打ち分ける千本ノックで歓迎してください。

私はまた、泥んこになりながら一球も逃さず食らい付きますよ。

ありがとう、ありがとう、ありがとう。

また、その日まで☆

 

 

 

 

 

 

 

老眼開眼〜☆

 

この秋に、絶賛老眼デビューしました☆

本当は多分もっと前から老眼だった気がしますが

老眼であることを脳が認識するのに時間がかかるタイプだったのでしょう。

絵を描いてると、右が涙目になってくるのは三年くらい前からだったから。

 

元々、視力は悪くて

遠景と中景がぼんやりと見えなくなってから約40年。

もう25年近く運転はしていませんが(汗)

メガネをかけるのは、運転中と映画や美術展を見るときだけ。

 

見えないのは、結構困るけど

見えないと楽なこともあるし

視力に限らず、大体において出来る限り

身体の機能や見え方を補正とか矯正するよりは、あるがままで良いか・・・と

諦めに近い寛容?でもって自分に向き合ってきているタイプです。

加齢に起因する変化との向き合い方に関しては

今は亡き、我が家の老犬母娘の生き方が

指南書になっているところがあります(*^^*)

 

私の場合は、眼も商売道具なので

もしかしたら、これって大変な事なのかなぁとも思いつつ

もっと問題化するくらいになったら

問題化したからこそ描ける世界を描けば楽しかろう。とも思っています。

 

今は、無理したら今まで通りのものも表現できるし

でもこのまま、従来通りの描き方ではしんどくなるのは目に見えてる感じ。

何やら中途半端です。

ということで、来春夏は今まで通りで出来る世界を一挙五柄発表します♪

これも老眼の功名ってヤツかしらね!?

 

只今、仕上げた図案は染工場さんへ渡りマス見本待ち。

ダイナミックなパターンからめちゃくちゃ繊細なものまで

笑っちゃうくらいの振り幅で表現しています。

どうぞお楽しみに☆

本日の画像は、新しい柄には関連のない(いや、随分貢献してくれてるよね)

毎朝、か〜さんの耳を囓って起こしてくれる小結です。

若い犬の瞳は澄んでますね。

吸い込まれそうです。

でも、年老いて濁ってきた

少し陰りのある慈悲深い瞳も好きだなー・・・(^-^)

 

 

 

 

 

新作がkoha*shopでもお求めいただけます☆

 

只今、好評開催中の『koha*の世界展vol.21』。

 

40作目となる新作『G.G.W.(庭神ワンダー)』

「今までに無い程、濃厚な柄だわ〜!」と評判上々です♪

紫とかすんだグレーの色目で迷い迷って悶絶してくださいます。

うっふっふ☆こういうのは、本当に作り手冥利に尽きますね〜(^-^)

ありがたや〜

 

京都のお店は遠いわ・・・とおっしゃる皆さま☆

webショップkoha*shopでも

新作がお求めいただけるように整いました!

にわがみワンダーは、送り(リピート)大きめの柄につき

ポーチやブックカバーのような

小さめアイテムは製品化しておりません<(_ _)>

ファブリッククッションカバー

晴雨兼用傘晴雨兼用折りたたみ傘

デイリーバッグデイリーバッグ・プチ

防水エコバッグでの展開となっております。

 

是非、ネットショップkoha*shopもご覧くださいね☆

 

 

 

2017年10月16日、文椿ビルヂングは13周年を迎えます☆

 

我が社のお店が入っている文椿ビルヂングも早いもので14年目☆

ということは自動的に

koha*オリジナルファブリックのデビューから14年目に突入します。

 

バブルが弾けて以降

『京の着倒れ』を支えていた室町界隈の会社がどんどん無くなり

マンションやコンビニや駐車場に姿を変わっていった2000年頃。

「ああ、あの社屋、すごく素敵やったのに・・・」という

古き良き名建築(有名無名問わずです)が

とんでもない勢いで無くなってゆくのを目の当たりにして

どうにか、これからの生活にも必要とされる使われ方で

保護して残すというよりは、ちゃんと活用しながら残せたらなぁ・・・と

と〜さんやスタッフ達と毎日悶々&侃々諤々。

 

と〜さんの卒業した、西陣の地元名士達の寄付金によって建てられた

桃薗小学校が無くなるので、解体前のお別れ見学会に参加した事も

そんな気持ちを後押ししたのでした。

 

紆余曲折を経て、御縁があって、やっとこさ2004年に

大きな社屋の一部だけを使っておられたこのビルを

大人が寛げる商業施設として再生活用する事が整いました。

 

当時、我が社の店舗は二階の一番奥の一画。

主力商品はデザインから捺染までmade in KYOTOの

koha*オリジナルファブリック

私が描いた図案を捺染し

一次製品である布の状態でカット販売することを核にしました。

 

その他には広島・熊野筆

(この品揃えは自分で言うのも何ですが圧巻でした!)

岩手の南部鉄器、青森のブナコ製品、

新潟・燕三条のカトラリー、 骨灰技法の大正硝子、

雑貨屋さん向けでない建築現場用の日本製のタイルシート各種、

日常使いしたい塗の器や瀬戸物やお箸、

今治のタオル、京都のパイプロイド、

京指物の職人さんに作っていただいた机や棚、

京組紐のストラップや髪飾りなどなど

日本や京都が世界に誇る技アリな品々。

 

そしてドイツのワイングラス、ナイフ、

イタリア・トスカーナの皮革製品、

同じくイタリアやスペインのクリスタルシャンデリアパーツ、

ノートやペンなどの文具など

世界中で選ばれている永遠の定番商品を集めてスタートしました。

 

アパレルの商品企画やプロモーションの仕事をしていた際

コストが抑えられるという理由で

生産拠点が海外に移り、長年培ってきた技術やノウハウが流出し

日本のものづくりの現場が空洞化しているのを目の当たりにして

もし自分で何かを始めるときは

(微々たる力しかないけれど)

日本や京都に出来る事に関わっていきたいと考えていました。

 

自身の店舗を運営するにあたり何のノウハウも無い状態だったけど

人としてもビジネスパートナーとしても、

何処をどう切っても申し分のない前職の後輩に"店長"を打診したら

二つ返事で受けてくれたので、実に心強いスタートでした☆

 

買い付けから在庫管理、商品のディスプレイ、

丁度その頃から始まったブログを利用した商品情報の提供等々

二人三脚であれこれとやってみたものです。

 

一軒目のお店の立ち上げから3年後の2007年に

同じビルの一階に現在の店舗『椿ラボ京都』をオープンして

京都にフォーカスした切り口に絞り込み

自社製品以外にも、京都の技術や美意識を活かした

作品や商品の発表していただけるギャラリーショップとしました。

これから渾然一体と化すであろう作品と商品の境界線を

生真面目かつ面白おかしく探ってみようという実験意図もありました。

 

時代の趨勢の中でビルの所有者も変わり

2011年に最初のお店『creer』は閉店。

それからは一階の『椿ラボ京都』

2009年に始めたwebショップの『koha*shop』を運営しています。

 

本当に沢山の方々との出会いに支えていただいての13周年。

お客様にもお取組先様にも、あらためて感謝申し上げます<(_ _)>

そして歴代店長やスタッフのみんなも本当にありがとう☆☆☆☆☆

「我が家から商売人が生まれるとは思わんかった〜」と

心配してくれていた家族も応援ありがとう〜。

 

毎年思い出すのは、オープン前日に徹夜でお店にペンキを塗って

必死で乾かして、早朝にディスプレーしたこと(笑)

ビル全体とクライアント様の店舗工事が最優先だったから

自社の店舗は前日ギリギリまで仕上げていた冷や汗ものっぷり。

事務所で仕事してくれていたスタッフが

真夜中に私のケータイに送ってくれた小花と小豆の写真。

「お疲れさまです。こちらは作業完了です。お店に手伝いに行きましょうか?

今日も小花と小豆は、力を合わせて賢く留守番してます。」

「ありがとう。

初日は何が起こるかわからないので帰宅してエネルギー蓄えてください。」

そんなやりとりだったと思います。

当時の画像なので、本当に小さく粗い画像ですが

この日の母娘犬の写真は、毎年私を戒めつつ勇気づけてくれます☆

 

また気持ちを引き締めていかなくちゃ。

毎年、そう小さく誓う10月16日なのです。

今日も一歩ずつ、ね。

 

本日の写真は、職場に迎えに来てくれたはずが

同じビルの二階のレトロなバーの

ドリンク半額に釘付けの小結の爆笑ショットです☆

 

 

新柄商品&レアなパッチワークもの続々仕上がってまーっす☆

 

雨が降るぞー!と身構えていたら、何だか肩透かし。

分厚い雨雲と、頼りない青空が入り交じる空が見えます。

 

ちょっと鬱陶しいお天気ですが、私は気分上々です☆

 

来週、20日(金)からkoha* オリジナルファブリックの新作

『G.G.W.〜庭神(にわがみ)ワンダー』を発表しますが

その製品もとっても素敵に仕上がっているのに加え

年に何度かの限定発売となる激レアのパッチワークトートが

今回もとびっきり可愛く咲き揃っているからです♪

同じく"出逢いもの"の60cm角サイズ用の

パッチワーククッションカバーも出来上がりました(*^^*)v

製品化にあたり、どうしても生じる端布の数々。

よくある、くるみ釦やそれを使ったアクセサリーとは

異なるものとして生き返らせたくて

見えないところも抜かりなくお洒落な和服の着こなしに通じる

『靴を脱いだ時も可愛い!!』インソールを作ってきました。

 

伊勢丹新宿店様でのサスティナブル・プロダクトの一環として

2年前に初めて発表させていただいたパッチワークシリーズは

レア感も際立って大人気商品になりました♪

 

端布を並べて布の大きさや柄の出方を考えて

一点ずつ縫い合わせ順に布を重ねて縫製依頼するという

中々手の込んだ商品ですが、そういう人間臭い工程が

何とも味わい深い楽しさを醸し出してくれていると思います。

 

出逢ったもん勝ち!!のパッチワークシリーズも

どうぞ御贔屓に♪

 

 

 

 

 

 

夏の終わりに☆

 

 

今年の夏は、殊の外駆け足で過ぎてゆきます。

 

ブログの更新が少ないのでご心配いただいております<(_ _)>

 

私、元気にしております。

過日、誕生日も迎え53歳に!

語呂合わせだと"ゴ・ミ"。

うへっ?!

折角なので、燃えるゴミ、燃え続けるゴミとして

この一年も創作の炎を燃やし続けたく思います〜。

 

小結も元気です(*^_^*)

最近はお隣の家との隙間に身を埋め

鍛え上げた前脚で地面の掘削作業に励んでいます(-.-;)y-゜゜

そして大きな石を見つけては階段に置いて、裏側から鼻で突き落とす。という

非生産的な作業に没頭しています。

 

積み木の家を作っては壊す、あの感じでしょうか?

とりあえず、いつも「今の見た?」と確認されるので

「グッジョブ♪」と声を掛けています(笑)

 

ここ数年、青みの強い、やや薄いピンク系や白いサルスベリを

街中の至る所で見かる機会が多かったのですが

今年の夏は、昔ながらの赤みの強いサルスベリに良く出逢います。

もしかして地元にいる時間が長いから

昔からあるサルスベリをよく見上げているせいなのかも知れません。

 

空が高くなりました。

 

秋の新作発表の準備も進めつつ、夏を惜しんでいます。

夏の疲れの出る季節です。

どうぞご自愛くださいね☆