京都の乙女文化発信クリエイター、koha*のブログです。
秋を生きる

 

もし人生80年なのだとしたら53歳は秋。

それもはじまったばかりの、ではなく

そこそこ冬に近づいてるほどの秋なんだなぁ。

 

ふと目をやった西の空は夕焼け。

 

小学生の時分に、クリスマスに何が欲しいと父から問われ

蛍光色の瓶入りポスターカラー(水彩絵の具)と答えた。

「お前はいつも けったいなもんばっかり欲しがるなぁ」

そう言いながらも、父は少し嬉しそうだった。

近所の文房具屋さんには売っていなくて

当時、河原町三条辺りにあったと記憶している画材屋さんへ連れて行って貰った。

 

蛍光色の絵の具は10色くらいのバリエーションがあったけど

その中で、夕暮れの階調の中で一番切ない色と信じて疑わなかった

蛍光バーミリオンを選んだ。

 

まさに燃え盛る、力の溢れる暖色なのに

もうこれは最後の最後で、燃え尽きる前にしか見せない赤さであることを

予感させる哀しさも含んでいるところが好きだ。

 

私の人生の春、夏、秋とずっと夕焼け空に焦がれてきた。

いつか、こんな空を表現できると良いな・・・

 

まずは、この秋をちゃんとちゃんと生きていこう。

 

※オマケの小結

今年の夏も、すびちゃんのお気に入りと言えば

このビールとチャーシュー(ブタさんのボール)セット。

来年もこれで喜んで遊んでくれるかな?

 

koha*の世界展vol.21のお知らせです☆

 

朝晩は涼やかな風が吹き

澄んだ虫の音が子守唄のように心地良い季節になりましたね。

個人的には色々思うところある、忘れ得ぬ夏になりました。

 

さてさて、前回から少々お時間をいただいての更新をお許しくださいね。

 

2004年にデビューしたkoha*オリジナルファブリック

14年目に入るこの秋に発表する新柄で40作目となります☆

 

10月20日(金)より10月30日(月)まで

三条烏丸西入ル(三条両替町北東角)

文椿ビルヂング一階奥の【椿ラボ京都】にて

koha*の世界展vol.21

新作布G.G.W.(庭神ワンダー)の発表会を開催致します。

 

まずはサクッとトップの案内状をご覧ください。

 

幼い日の白日夢の如く摩訶不思議な出来事を

曖昧な点描画で表現したザラッとした味わいの模様です。

夢か真かわからぬままの想い出は

時にほの温かくやさしく人を包んだり繋いだりしてくれるもの。

人恋しい秋にこそリリースしたかったこっくりと幻想的なファブリック。

不思議の国の庭を、虫眼鏡片手に分け入って歩き回ってみてください。

 

 

 

 

夏の終わりに☆

 

 

今年の夏は、殊の外駆け足で過ぎてゆきます。

 

ブログの更新が少ないのでご心配いただいております<(_ _)>

 

私、元気にしております。

過日、誕生日も迎え53歳に!

語呂合わせだと"ゴ・ミ"。

うへっ?!

折角なので、燃えるゴミ、燃え続けるゴミとして

この一年も創作の炎を燃やし続けたく思います〜。

 

小結も元気です(*^_^*)

最近はお隣の家との隙間に身を埋め

鍛え上げた前脚で地面の掘削作業に励んでいます(-.-;)y-゜゜

そして大きな石を見つけては階段に置いて、裏側から鼻で突き落とす。という

非生産的な作業に没頭しています。

 

積み木の家を作っては壊す、あの感じでしょうか?

とりあえず、いつも「今の見た?」と確認されるので

「グッジョブ♪」と声を掛けています(笑)

 

ここ数年、青みの強い、やや薄いピンク系や白いサルスベリを

街中の至る所で見かる機会が多かったのですが

今年の夏は、昔ながらの赤みの強いサルスベリに良く出逢います。

もしかして地元にいる時間が長いから

昔からあるサルスベリをよく見上げているせいなのかも知れません。

 

空が高くなりました。

 

秋の新作発表の準備も進めつつ、夏を惜しんでいます。

夏の疲れの出る季節です。

どうぞご自愛くださいね☆

 

 

小結 元気です☆

 

全国 ひゃくまんにん(笑)の すびちゃんファンの みなさま。

小結 すびすび すびちゃんです。

 

すびちゃんの 仲良しさんが にゅーいんちゅー ですよ。

だから ちょっと いつもと違う 夏になりましたね。

 

しんどいのは 辛いですね。

さみしいのも すびちゃんは 苦手ですよ。

痛いのも 勘弁してくださいよ。

 

「そういう時は 笑いなさい。」と

お空から 小花ば〜ちゃんと 小豆ね〜さんが 降りて来ましたよ。

 

(↑写真は2011年の小花と小豆。事務所にて)

 

今年は ひよどりの 羽の Tシャツで

お空を 旅して 帰って来たみたい。

8月10日に 玄関に ひよどりの羽が

大きいのと 小さいのが ヒラリと 落ちてきましたよ。

 

か〜さんが 「あ、小花とあっちゃんが 帰って来たわ」と 嬉しそう。

 

 

あんまり こまめに 日記は 書けないけど

すびちゃん 元気に してますよ。

 

お世話になってる 大工さん達の

ば〜べきゅ〜にも 連れて行って もらいましたよ。

すびちゃんは いっぱい笑って 過ごします。

 

小花ば〜ちゃんと 小豆ね〜さんは

お供えを いっぱい食べて お空に 帰っちゃいましたよ。

きっと お空も 楽しいんですね。

 

すびちゃんは 地上暮らしで 修行を積みますね。

 

じゃあ またね☆ ばいばい♪

 

 

同窓会LIVE☆

友人達が昨夏に続き、今年もお盆の時期に

母校・嵯峨野高校の同窓会ライヴを開催してくれました☆

 

マンモス校ゆえ高校生活でまったく会話を交わしたことのない人も結構沢山。

50歳を過ぎてから初めて話す人も多くて何とも新鮮でした。

 

 

プロのジャズヴォーカリスト&ピアニストの二人と

フルートやギター、ドラムや麗しい飛び入りヴォーカルも楽しくて

多彩な人がいっぱい居た高校だったんだなーと改めて感じました。

 

私としては

自分でメロディー奏でたり、リズムを刻める才能のある人は

毎日の音がどう聞こえてるのかなぁと興味津々。

雨音や風の囁きや、包丁で野菜を刻む音や

エンジンの音やドアを閉める音

犬の吠える声や蚊の飛ぶ音さえも

きっと私とは違う聞こえ方をするに違いない...

音楽の才能のある人ってすごいなぁと思っちゃう。

 

 

卒業して35年。

みんなすっかり風貌も変わっているけど

熟成肉がもてはやされる時代だから、熟成人も、いいよねっ?

 

私...こういう席で、色んな席を回って

すべての人にちゃんと挨拶できるような出来た人間ではないので

一緒に映ってる友達の顔が偏ってるな〜

んーでも、多分みんなと話は一通りできたはず...

 

よしっ!!来年はみんなといっぱい写真を残そう〜☆

 

 

開催に向け、色々打ち合わせして準備してくれたみんな、ありがとー(*^_^*)

お前は真面目やったし、話したことも無かったわーと

たくさんの男子に言われました(笑)

お前、相変わらず直球やなー!きっついなー!!とも(笑)

 

ピュアな世界を表現するために、普段は毒舌でバランス取って生きてますの(笑)

ごめんなさい、許してね<(_ _)>

 

みんな、色々抱えたり乗り越えたりしていい顔してるな。

また来年も会えたら嬉しいな。

 

ありがとう!また、会おね。