京都の乙女文化発信クリエイター、koha*のブログです。
浦島太郎☆

 

facebookでフォローしているページの情報が色々と入って来ます。

いつも「ほほー」「へへっ♪」「おっ」「うーん、こりゃないわ」などと

得手勝手な反応をしながら楽しんでいますが

これ、ちょっと試してみたいかも♪という

ときめく記事を見つけてしまいました。

 

ドーナツ屋さんが、パリのパティシエでありショコラティエである方と

共同開発された大人のドーナツコレクション

 

写真で見て「あ、ちょっと美味しそう♪」

↓ ↓ ↓

説明文読んで「あ、絶対これ美味しいわ♪」

↓ ↓ ↓

スタッフF本に「これ、すんごい美味しそうと思わへん?」

↓ ↓ ↓

F本「私もこれ気になってたんです〜〜〜〜〜☆」

 

よっしゃ!F本も食べてみたかったんなら、もう買うしかないでしょ!!と

「寺町やったっけ?新京極やたっけ?このシリーズ買ってくる!!」

そう宣言すると「ありましたっけ?」とキョトンとした顔のF本。

「え?無くなった?そうなん?最近通らないから知らんけど

5年前位までは在ったと思うよ。横通ったことあるもん。」と私。

妙に自信満々。でもなぁ結構お店が消滅してるからなぁと少々不安に。

「このご時世、どんどん入れ替わるからちょっと調べて」と言うと

F本がさくさくとお店のPCで調べてくれましたが

うちのお店の近くには一軒も無い事が判明(@_@;)

 

F「街中には無いんですねー。中心部から外れたところに沢山ありますね」

私「うわー!ほんまや!!昔は高島屋の地下にもあったんよ」

F「ええ?百貨店の地下にですか?そういうイメージ全然無いですー」

 

そう言いながら、ドーナツ屋さんの検索で出てきた画面の

もう少し下の段を何気なく開けたF本。

「あ・・・!!寺町に在、り、ま、す・・・?

ん?でもこのページ古いなぁ。何か変ですね。どれどれ?」

独り言を呟きながら謎のページを読み込むF本。

 

F「あ、このお店10年前に閉店したそうです」

私「ふぁ?じゅ、10年前?!」

 

何と5年くらい前と思っていた記憶は10年以上前のものでした(*_*)

 

まぁ、普段通らないところだし

年齢的にも、そうそうドーナツを買ったり食べたりってことも無いし

あまり気に掛けていない分野の事だとしても

何と!!

こんなにも記憶との時差があったとは。

 

こうやって50年くらい前の事を

10年とか20年前のように勘違いしたり

懐かしんだりする日が来るのでしょうか?(-。-;)

 

ひゃあー、くわばらくわばら☆

でも絶対に このドーナツ、F本と食べるっ!

 

本日の画像はドーナツのようにくるっと丸まった小結です。

丸まりすぎて穴が無いけどf(^ー^;

 

 

 

小結の大寒☆

 

全国 ひゃくまんにん(笑)の すびちゃんファンのみなさま。

小結 すびすび すびちゃんです。

 

暦の上では この間 一年中で 一番寒い時期を 迎えたそうですよ。

大さむ 小さむ〜♪と お歌にあるけど

だいかんって 読むらしいですよ。

でも 「おだいかんさま〜!」の代官とは 違うんだって。

人間用の 言葉は 難しいですよ。

 

寒い時期は 日向ぼっこか 丸まって 眠るに 限りますよ。

 

窓際の 特等席は 歴代犬の お気に入り。

ここだと 道行く 人々 犬々 猫々 車々を 眺められて

飽きることなく うとうと出来ますよ。

 

お日様 ぬくぬく 良い気持ち。

 

お外に 居る時は どら焼きクッションに

丁度のサイズに 丸まって 暖をとりますよ。

 

 

「こうしてると小さいのに、伸びたらどんだけ大きいの☆」と

か〜さんは 驚きますよ。

 

寒い冬に 力を貯めて 麗らかな春に また伸びますよ。

 

一番寒い季節。

みなさんも 風邪引かないように してくださいよ。

じゃあ またね、ばいばい。

 

 

 

大倉陶園『華めく洋食器』プレミアム鑑賞会に伺いました☆

 

薄曇りの冬空の下、細見美術館で開催された

『華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化』展

プレミアム鑑賞会に伺いました。

 

創業から震災や戦争を経て尚、『良きが上にも良きものを』を社是に

美術工芸品としても通じる、世界最高水準を追い求め続けられる企業。

招待いただき伺う前から胸が高鳴りました♪

 

一昨年の秋にも東山の長楽館で拝見した数々の器もありましたが

今回は歴々の皇室の御誂え食器や

財界人、老舗ホテルや老舗パーラー

有名レストランに納められた磁器が時代背景と共に愛でられる構成で

前回とはまた異なる見応えも充分☆

 

 

ラストエンペラーとしても知られる清朝最後の皇帝・溥儀を

迎えるにあたり奈良ホテルで揃えられた岡染めのディナーセット(撮影失敗)や

資生堂パーラーの御誂え食器も。

 

個人的には、平面図の状態の下絵やデザイン画が

実際に商品化され、立体物として完成した時の違いが興味深いなぁ・・・!

 

展示も素晴らしかったけどお茶席にも感激しました☆

 

 

茶室・古香庵では、この2時間の茶会のためだけに床の間に掛けてくださった

鈴木其一の「白椿に鶯図」のお軸が出迎えてくれるという

(レプリカでなくてオリジナル(@0@))贅沢さ。

揃いの茶道具も麗しく、白椿の奥ゆかしさと金色の対比にうっとり。

 

もてなしてくださったのは大倉陶園の社員さん。

(高校時代の同級生で、私と同じく元不良?茶道部員、笑)

華やかさと落ち着きのある品の良い着物姿が素敵!!

着物も帯も、着こなしも素敵で

何より佇まいがとってもとっても美しく惚れ惚れしました(*^-^*)

 

と〜さんは萩焼、私は黄瀬戸でお薄を頂きました☆

茶菓子も美味しゅうございました。

 

心高鳴る、めくるめく美しさと技術を一望出来る展覧会。

ご興味のある方は是非現地で体感してみてくださいね。

 

++++++++++++++

 

細見美術館のある岡崎界隈は

小さい頃から、よく父に連れて来てもらったところ。

 

昔から、京都市美術館、図書館、動物園、勧業会館等々

色んな施設が集まる、憩いの文化ゾーンでした。

私は暇があったら絵を描いてる子供だったので

面白そうな美術展がある毎に「日曜日にはこれ観に行くぞ!」と

自転車(笑)で連れ回してくれた父を想い出し

ふふふ…と口元がほころび、あったかい気持ちになります。

 

今はロームシアターになっている京都会館も

小学校の頃は親子映画観賞会とかコンサートで来ましたねぇ。

美大生の頃には、友人達と動物園に通いスケッチしたり

美術展巡りをしてレポートを提出したり。

進級制作も卒業制作も、展示会場が京都市美術館だったので

事ある毎に訪れていた地域ですが

大人になってからは少し疎遠になっているかも…

来る度に「ああー・・・やっぱりええとこやなぁ」と感動するのですが。

 

京セラ美術館としてリニューアルオープンを控えた

京都市美術館も殆ど出来上がっていました。

 

歴史的な洋館建築の横に、現代的素材と造形美。

それだけでも面白いなぁと感じるけど

そこに意表を突くスケール感の朱色の大鳥居が在る不思議さ。

 

空が広くて抜け感があって

そのすべてが過不足無く受け入れられている大らかな風景。

散歩するだけで、気持ちがほぐれて元気が出ます。

 

最後は、真横から見た『鳥居に見えない鳥居』をどうぞ〜♪

 

 

 

 

2020年 宇宙の旅☆

 

昨日、久しぶりに眼科へ行きました。

 

元々、疲れ目対策として

20代の頃から爽快系目薬を手放せなかったのですが

20年くらい前に、一度目薬で酷く腫れ爛れたことがあり

それ以来、目に関しては多少不具合を感じる時も

ただただ耐えてやり過ごすという無茶を通していましたf(^^;)

 

昨夏くらいから時々、目がゴロゴロするなぁと感じつつ

過去の経験から、今度もきっとそのうち気にならなくなる・・・と

祈り念じながら過ごしましたが

お正月に、やっぱりゴロゴロで涙が溢れて目が明けられなくなり

(と言っても、治まったり、またゴロゴロしたりの繰り返し)

これは、春から初夏に掛けての出店の前に完治させねば!と

一念発起して受診することに。

 

話は少々変わりますが

中高生の頃に、目がゴロゴロするなぁーと鏡を見ながら

あっかんべーの時のように下まぶたを指で引き下ろすと

眼球と下まぶたとの境界に

抜けては溜まっていたらしいマツゲが束になり

ゼラチン質に包まれた状態の物を見つけたことが何度かあります。

言うならば【マツゲの煮凝り寄せ】(笑)のような感じ。

 

それを取り除くと、ゴロゴロがすっきりして

異物感は【マツゲの煮凝り寄せ】が原因だったのか…と納得したもの。

 

今回のゴロゴロも、久々に抜けたマツゲが固まったのかと

高をくくっていた部分もあり

でも、それが原因かも知れないけど

さすがに中高生の時のような無茶な取り方をしたら

視力を失いそうな危機感もあり、眼科受診と相成ったわけです。

 

20年ぶりに訪れた眼科。

web予約が出来る診療所があることは

皮膚科で既に経験済みだったけど

この頃、どんな病院に行っても

医療検査機器が、もうね、昭和人間の私から見ると

宇宙開発の機材にしか思えないくらいの近未来感に充ち満ちて

そこで既に心拍数が上がって腰砕けになっちゃう(笑&汗)

 

6年くらい前に受けた初MRIでも「う、宇宙船か?!」と怯んだし

ここから出て来たら、100年くらい経ってたらどうしよう?と心細かったし

5年くらい前の24時間心電図も「こんなん付けっ放しで、どうもないの?!」

とビクビクしながら過ごしたものです(T-T)

 

診察室に入ると、やっぱり先生と患者の間に

何やら宇宙からの使者的な機械が陣取ってました(笑)

 

指示されるままに機械に顎を置いておでこをくっつけ

強烈な青い光を見つめたり、目を動かしたり。

最後に、両目の下まぶたを捲って終了。

 

モニターの画像には

両目とも小さな白い点が2,3個映し出されていて

「典型的なドライアイやね。

それで、アレルギーで炎症を起こしたまぶたの内側のざらざらが摺れて

眼球の表面に超超微細なキズが付いてる状態ね。

目が潤う薬と、炎症を抑える薬を出しときますね」と先生。

 

「以前、目薬でかぶれた事があるんですけど、大丈夫でしょうか」

と、おどおど質問する私。

 

「問診表にも書いてくれてたけど、その目薬や成分がわからないと

何とも言えないからねぇ。

使ってみて、痒いなぁとか沁みるなぁとかあれば

すぐ来てくれたら大丈夫やから」と先生。

 

そりゃそーだ☆

一口に【目薬】なんて言ったって成分には膨大な種類があるんだろうし

20年前にはお薬手帖ってのも(存在したのかな?)

少なくとも私は知らなかったなぁ。

それに「こんなに大変な目にあったから生涯目薬を使う事は無い!」と

妙な潔さで言い切れる、若さ故、馬鹿さ故の自信があったからなぁ・・・

 

とにかく恐る恐る、潤い系→炎症抑制系の順番で点眼。

潤い系は1日4回。 炎症抑制系は1日3回。

痒くなることもなく、とりあえず只今、丸一日経過。

徐々にゴロゴロが治まってます(*^-^*)

 

アスリートが、大事な大会に照準を合わせて整えるのとは

比べものにならないくらい低レベルな調整だけど

この時期に気になることは治して整えていかないと

春から夏にかけてのイベントで

一週間、開店準備から閉店まで店頭に立ち続けるのも

なかなかどうして厳しい55歳っ(爆笑)

 

時々は宇宙の旅気分の病院で然るべき検査と処置をしてもらって

あと10年くらいは現場に立ちたいなぁなんて考えています(^-^)

いや、15年かな?

いやいや、あんまり欲張らず、まずは健康体を目指さなくては〜

 

皆様も健やかな1年になりますように☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

koha*、2020SSスケジュールです☆

 

仕事ブログとしては今年初なので

あらためまして

明けましておめでとうございます☆

 

旧年中はkoha*の仕事やkoha*製品をお引き立て賜り

誠にありがとうございました。

今年もちゃんと伝わって、美しくワクワクするような仕事を

ひとつずつ重ねて参ります。

どうぞ宜敷お願い申し上げます−!

 

 

冬至が過ぎ、日に日に朝陽が昇る時間は早まりつつあるけれど

これからが一番寒さが厳しい時期ですね。

 

でもこの季節は毎年、春夏の商品の仕込みに忙しくも

「ああー!やっぱり、これ可愛いよねっ」

「うわぁー☆これ、パンチ利いてるなー!!でも、これ欲しいっ」と

自分達もわちゃわちゃ言いながら

商品企画を存分に楽しんでいる時期でもあります(*^_^*)

 

原画を描いてから図案に仕上げて、それが布になって製品になるまで

早い物で半年、時間のかかる物だと一年半くらい。

売れるか売れないか、ある意味博打的要素もあるけれど

信念持って形にしていく過程の面白さは何にも代え難いものがあります。

 

昔、取引先の先輩女史に言われた言葉を時々思い出します。

「もうしんどい。もうやめよ。って思うときもあるねん。

でもな、抜け出せへんねん。抜け出したくないねん。

私、商品企画の魔物に出逢うてしもたから☆」

 

どんな仕事にもきっと憑いてる『やみつきの神』(笑)

その女史は、今も活き活きと魔物と対峙しておられます(爆)

私も年々、やみつきの神と仲良しになってる気がするな(^o^;)

 

さて☆

2020Spring&Summer

koha*の新作と新商品の発表は以下の通りとなります。

+++++++++++++++++++++++++++

 

KANAZAWA

香林坊大和 3階 婦人ファッションフロア

3月18日(水)---3月24日(火)

 

KYOTO

三条両替町北東角 文椿ビルヂング1階 椿ラボ京都

4月11日(土)---4月19日(日)

 

OSAKA  UMEDA

阪急うめだ本店 7階 手仕事ギャラリー

5月6日(水)---5月12日(火)

 

+++++++++++++++++++++++++++

 

昨年に引き続き、3月金沢・4月京都・5月大阪での開催です。

 

新製品が仕上がって来たら、随時更新して参ります。

楽しみにしていてくださいね♪