京都の乙女文化発信クリエイター、koha*のブログです。
小結のほほえみ講座☆

 

全国 ひゃくまんにん(笑)の すびちゃんファンのみなさま。

小結 すびすび すびちゃんです。

 

「やっと涼しくなって嬉しいわね」と 挨拶した 次の日には

「また 暑さがぶり返して 身体がついていかないわー」と 辛くなったり

 

思い通りに いかなくて 大変だったり

 

悲しいことが 続いたり

 

怒りが おさまらない時には

 

深呼吸して ほほえむと いいそうですよ。

 

はい、 真顔。

 

ほら、 楽しく なってきた。

 

そら、 嬉しく なってきた。

 

みなさん 笑ってくださいよ。

 

じゃあ またね、 ばいばい。

 

 

元気ですか☆

 

父の三回忌を恙なく終えました。

あの夏から月日の経つのが、本当に早かったなぁ・・・

 

 

あの年も、今年に負けず劣らず暑い夏だったな。

東京での夏の催事出店を終えて京都に戻り

その足で入院したばかりの父の病院へ。

 

その日から、父が亡くなるまで

ありがたいことに、毎日通うことが出来たなぁ・・・

午前中は事務所で仕事をして

午後一番にお店に着いてスタッフと打合せや世間話したり

スケジュールの確認したり一通り仕事してから

夕方には父の病院へ向かう。

 

お店から地下鉄一本で通える便利な場所だったけど、私は毎日歩いた。

急ぎ足で丁度40分。

一人で考えを巡らせたり、反対に無になることが出来たご褒美のような時間。

そうやって気持ちを整理して、心に溜まった澱を浄化できたからこそ

「はい、また来たよー☆」と元気におちゃらけキャラで登場する事が出来た。

 

 

父は、今の私より若い時分からずっと

可能な限り、寿命と健康寿命を揃えたいと公言していたので

家の中に補助手すりを付ける事もなく

入院してから40日ほどで旅立てたのは、望んだ通りの最期だったように思う。

 

正確には、補助手すりはあった方が便利だったと思う。

でも「此処と彼処に付けたら、動き易くなるのと違う?」と娘が提案しても

今、自分仕様のものを取り付けても、体格も力も違う母(妻)には

別の位置の補助が必要だろうし

それならば、いずれ必要になり

自分よりも長く生きる母仕様のものを優先してくれと拒んだ。

 

もう、どこまでカッコつけんのよぅ?!と呆れたものだが

老い衰えゆくものの自尊心こそ大切にしなきゃいけないことは

その数年前に小花と小豆が教えてくれた。

 

犬と人間を一緒にしてはいけないと言う人もいるだろう。

 

その後生きてゆく長さも、社会生活における義務も権利も全く異なるので

子犬と人間の子供の躾は一緒とは言えない部分は多いけれど

老犬と老人への眼差しや向き合い方は結構重なるところがあるし

あって良いようにも感じている。

 

母はもちろんの事、娘達も可能な限り毎日顔を出した。

親戚も入れ替わりで見舞ってくれたので

眺めの良い病室は、ずっと笑い声が絶えない

昭和の実家の居間や客間のような懐かしさに溢れた。

 

初めて聞く、若かりし父と母のデートの逸話(笑)

そんな話題でもちきりの時には

一緒に観に行ったという映画音楽を、スマホからBGMに流し

泣き笑いの母を見て、みんなで泣き笑い。

こんなあたたかな時間で包んで父を送れるのなら

幸せな看取りだなぁとしみじみ思った。

 

最期の最後は、家族水入らずで

「ありがとう!」「ありがとう!」の言葉がシャボン玉みたいに膨れあがる

やわらかくて強い気持ちの玉にしっかりと包まれて

突き上げられるように、胴上げさながらに父は逝った。

 

早いなぁ。

良くも悪くも時間は確実に過ぎてゆく。

 

幼い頃や若い頃は、前傾姿勢で全力疾走するように毎日を駆け抜けた。

今となれば

誰かが昔言ったように、人生とはボートを漕ぐように

過去を見つめながら、背中から未来に向かって進んでいるっていうのが解る。

そして、それも悪くない。

 

 

元気ですか?

もうすっかりそちらの暮らしには慣れましたか?

私達はみんな元気でやっています。

どうか、どうか、ご心配なく☆

 

母の夢の中には、しょっちゅう登場するらしいけれど

娘達の夢にも、たまには顔出してね。

 

では、またね☆

 

色褪せた写真も、心の中では鮮やかに蘇るもの。

そんな事を考えながら、小結を撫でる定休日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小結の長月☆

 

全国 ひゃくまんにん(笑)の すびちゃんファンのみなさま。

小結 すびすび すびちゃんです。

 

九月になりましたね。

 

どぅー ゆー りめんばぁー 

チャカチャカチャッチャー

ほにゃら らーらーらーらー せぷてんばー

チャカチャカチャッチャー

(↑ ↑ ↑こむすびの脳内BGM)

 

でっかいどー ほっかいどーの すびちゃんの 先輩犬が

お空へ旅立ったそうですよ。

悲しいですよ。

 

この頃の 大型犬や 中型犬は 昔に比べて

小ぶり体型に なっているけど

先輩犬は とっても 大きな 女の子だったんだって。

寂しいですね。

 

お空に 犬の形の 大きな雲を 見つけてみますね。

小花ばーちゃんと 小豆ねーさんだけじゃなくて

すびちゃんの 沢山の 先輩犬達は お空の 季節の便りを届ける工場で

毎日 楽しく お仕事してるんだって。

素敵ですね。

 

季節の お花も 風も ウマウマも みんなの がんばりの 賜物だって。

ありがとですよ。

 

九月には 夏の日の 想い出を ふわ・・・と 遠くへ 押しやる

人恋しい 犬恋しい 風が吹きますよ。

 

すびちゃんは お空組に 編入した 先輩達の分も

犬生を 楽しみますよ。

 

だから 見ていてくださいよ。

 

ビア先輩、ありがとね。 元気でね。 ばいばい。

 

 

 

雨中葉月☆

 

過日、誕生日を迎えました。

やっとここまで辿り着いた感じの55歳☆

 

ゾロ目の縁起の良さに浮かれ過ぎることなく

でもノリの良い波にはいつでも乗れるようにバランスを整え

この一年もしっかり踏みしめて歩みたいと思います(^-^)v

 

この間、姪っ子と二人でご飯を食べに行きました。

不思議な感覚ですね〜。

あんなにちびっ子だった子が、二十歳越えて

社会人にもなって

年の差は十分あるけど、大人同士として話せるのが。

オバチャンは嬉しくて酔いましたよ、ウーロン茶で(爆)

 

トップの画像は姪っ子の写真(嘘、笑)

姪っ子が福井県経由で京都に来たので

福井名物のお土産を貰いました。

 

大豆を黒糖と砂糖とごま油で固めた素朴だけど病みつきになります☆

煎り大豆の香ばしさや歯応えがたまりません〜

 

安土桃山から江戸時代にかけて

越前と近江と大和が能面打ちの産地だったようですね。

で、越前出目家の初代二郎左エ衛門満照という方は

名人中の名人だったそうで

今でも能楽界で珍重されている名品を数多く残しているそうです。

 

満照翁は豆が好物だったそうで

豆の力で精魂込めた面が打てたことが

このお菓子の産まれた背景のようです☆

 

雨模様が続く八月ですが、私もこの豆菓子で

精魂込めた図案を描きます〜\(^O^)/

 

 

 

koha*の世界展vol.25のお知らせ☆

 

来年の事を言うと鬼が笑うなんて言うけど

二ヶ月先の話だと子鬼くらいが笑ってくれるんでしょうか?(^^;)

 

koha*オリジナルファブリック51作目となる秋の新作。

『ひらけ!ゴマ〜Open! Sesame』の発表会は

10月25日(金)から11月4日(月・振替休日)まで

三条烏丸西入ル北側(三条両替町北東角)の

文椿ビルヂング1階【椿ラボ京都】にて開催致します☆

 

今年はkoha*オリジナルファブリックも15周年。

文椿ビルヂングも15周年(*^-^*)

令和の世に遷って初めての新作発表とめでたい事尽くし。

 

15年の間に本当に色々あったなぁ…

じぃーーーー・・・・・ん。

 

が、しかし。

しんみりしてる場合じゃないわ(笑)

 

20周年に向けて最初の一歩!

目下、鋭意仕込み中。

皆さま、どうぞご期待くださいね☆